てるみくらぶの破産。実は留学エージェントでもあり得る!?

留学カウンセラー 日名子陽介 2017/03/31 878
てるみくらぶの破産。実は留学エージェントでもあり得る!?

2017年3月27日、衝撃のニュースが旅行業界を震撼させました。

航空券が発券できないなどのトラブルが相次いでいた格安ツアーの旅行会社「てるみくらぶ」が破産を申請し、破産開始決定を受けました。負債総額は151億円、影響を与えるとみられる旅行件数は3万6000件に上るということで、旅行会社の破綻としては近年で最大規模となるようです。約8〜9万人の利用者に影響が出るとの試算があり、被害者の方々に対しては一刻も早く弁済されることを願うと同時に、なぜ経営者はここまで甚大な被害に及ぶまで何も手を打たなかったのか?私は旅行業界ではなく留学業界に身を置いていますが、生徒様が必死で貯金した留学費用を預かり、留学のコーディネートをしている立場としてやり場のない憤りを感じます。

この一件は対岸の火事ではなく、留学業界においても過去に大手の留学会社(留学エージェント)が同じような状態に陥って倒産したことがありました。その時は、学校や滞在先への支払いが滞ってしまったことにより、留学を申し込んだ多くの方々が渡航できないあるいは留学が継続できなくなってしまったのです。

私は留学業界に従事して17年になりますが、今回のコラムでは、留学エージェントというビジネスモデルとエージェントの利用方法について、個人的な見解を記したいと思います。

Written by CEBU21留学カウンセラー
日名子 陽介
内閣府認証 留学協会認定カウンセラー
総合旅行業務取扱管理者

アメリカ東南部にあるノースキャロライナ州の大学を卒業。帰国後に大手留学エージェントの札幌支社の支社長として、北海道の留学マーケットの拡大に尽力。現在は、フィリピン留学エージェント・CEBU21のカウンセラーとして、多い時には1日5名の方のカウンセリングをさせて頂くこともあります。アメリカ留学の経験から、フィリピン留学後の英語圏への学部留学やインターンシップなどの進路相談にもご対応しています。


Counsellor HINAGO's column

留学会社のビジネスモデルとは


留学会社のビジネスモデルとは

留学ビジネスは飲食業や建築業などと違い、事業を開始するにあたって設備投資などが必要な業種ではありません。基本的には多額の先行投資をしたり、多額の負債を抱える構造にはなっておらず、個人でも簡単に起業することが可能です。実際、当社の代表も2005年の創業時は友人の小さなオフィスの片隅を借り、ノートパソコン一つで日本ではまだ誰も知らなかったフィリピン留学の紹介を始めました。

留学エージェントの業務は「留学のプランニング」「留学先の学校の選定」「学校への出願手続き」「滞在先の手配」などです。生徒様とカウンセリングしたりするオフィスなどを構えたり、広告宣伝をするための費用は必要ですが、ビジネスの流れそのものは生徒様から費用を頂いてから手続きを開始します。そして、生徒様からお支払い頂いた学費をそのまま学校へ海外送金するだけなので多額の負債を抱えようがありません。

負債が膨れるということは、より多くの生徒様を獲得するためにオフィスを増やしたり、人件費や広告費の増大が高い固定費となり、それらを賄うだけの売上がなかったことに起因しています。今回のてるみくらぶの自己破産も、莫大な新聞広告費を回収できなかったこと、そして格安を売りにして会社の利益を削ったことが最終的な破綻の要因だったようです。

破綻した留学エージェントは、手続き料やサポート料の他に学校へ支払う授業料や滞在費も一緒に振り込んで頂いており、生徒様の代わりに学校へ海外送金しています。それが返還不能になったということは、生徒様からお預かりした授業料などを使い込んでしまったという、あってはならないことをした結果でしょう。


Counsellor HINAGO's column

良い留学エージェント&カウンセラーかどうかを見分けるポイント


良い留学エージェント&カウンセラーかどうかを見分けるポイント

残念ながら大手の旅行会社、留学エージェントだからといって、必ず安心ということはありません。てるみくらぶのように莫大な広告費用の出費や薄利多売により、経営破綻してしまうことがあるのも事実です。

では、どのような会社、留学カウンセラーに気をつけた方が良いのでしょうか?私自身の留学カウンセラーとしての立場からまとめてみました。

気をつけるべき留学会社の特徴

① 公示価格より大幅な割引をしている会社
会社の利益を削って割引を行っている可能性が高く、いわゆる自転車操業状態に陥りやすいといわれています。こういった場合、生徒様から預かった大切な学費が会社の運転資金として使われるケースもあるようです。

② 店舗数や従業員が多すぎる会社
手数料を設けていない”無料型”の留学会社で日本各地に店舗がある場合、会社の経費の多くを占める”賃料、人件費”といった固定費を回収するために多くのお客様からのお申込みが必要になってきます。その結果、割引や広告を多く出さざるを得なくなり、自転車操業状態に陥りやすくなるのです。

③ 媒体問わず、広告を乱発している会社
新聞やテレビ広告のみならず、近年大きなシェアを占めるネット広告など、広告費用は媒体によるものの数万円から数千万円単位の費用が発生します。資本力がない留学会社が広告を頻発している場合は注意が必要でしょう。

気をつけた方が良い留学カウンセラーの特徴

① 幅広く、豊富な留学の知識をもち合わせていないカウンセラー。(留学経験が長くなくても良いが、知識量は大事)

② 留学について、良いことやメリットしか伝えないカウンセラーは要注意。「できること」「できないこと」、留学の厳しい現実をきちんと伝えてくれるか?

③ 質問した時、迅速に的確な返答があるか?分からない場合は、学校側に確認して返答してくれるか?質問しても回答がない、遅いあるいは、催促しなければ返信さえくれないカウンセラーは要注意です。

④ 必要以上にライバル会社やお客様が提案した留学プランを否定、非難をしていないか?お客様の希望や意向を無視し、一方的にカウンセラーが勧めたいプランや学校を押し付けるようであれば論外です。

⑤ お申込み前でも後でも、常に丁寧かつ迅速に対応してくれるか?高圧的もしくは横暴な態度をとっていないか?


Counsellor HINAGO's column

CEBU21という留学会社について


CEBU21という留学会社について

ちなみに当社 CEBU21ですが、店舗は東京1拠点のみ、お客様からのご紹介を中心に運営を行っているため広告費はほとんどかけず、2005年の創業以来無借金経営を続けてまいりました。学費の未払い実績なども当然ながらゼロで、身の程をわきまえた健全な運営を第一に営業しております。

世界各国の語学学校のスタッフさんにご来社いただいた際、「もっと人数が多くて、大きい会社だと思っていました!」と驚かれることも多いのですが、無闇に拠点や規模を大きくするよりも、ご担当させていただく生徒様お一人お一人を留学終了後までしっかりケアできる体制を大切にしております。是非留学に関してお気軽にご相談いただけましたら幸いです。


Counsellor HINAGO's column

留学エージェントのベストな利用方法


留学エージェントのベストな利用方法

今回のてるみくらぶの破産はメディアで大々的に報道されており、「旅行業界はなんだか怪しい」「留学エージェントって大丈夫なのか?」と感じていらっしゃる方も多いと思います。しかし、留学エージェントのサポートやカウンセラーのアドバイスによって、一生に一度できるかできないかの留学を実現させた方もたくさんいらっしゃいます。私自身もそうですが、ほとんどのエージェントのカウンセラーは生徒様の留学実現のために毎日多くの生徒様のお話をお聞きし、留学のサポートに努めております。今後さらにネットで多くの情報が得られるようになり、留学エージェントの必要性を感じなくなるかもしれませんが、これからも留学エージェントの重要性は変わらないと信じています。

今はSNSやクチコミ、知恵袋などを参考に学校の評判や評価を確認して、留学プランをお決めになる方も多くいらっしゃいます。

「自分の留学なんだから他人任せではなく、自分ですべてプランニングすることが重要!
留学エージェントに頼っているようでは、海外に行っても成功するわけないよ…」

このような意見もよく耳にしますし、その意図も理解できますが、実際留学エージェントを使わずネットの情報をもとに、学校と直接やりとりをしてトラブルになっている事例もかなり多いのは事実です。


Counsellor HINAGO's column

では、留学エージェントをどのように利用したらいいのでしょうか?


それは、いくつかの留学エージェントから話を聞いて比較することです。担当カウンセラーの言うことをそのまま信じて契約するのではなく、様々なアドバイスを聞いてから判断することが重要です。そして担当のカウンセラー、コンサルタントがきちんと話を聞いてくれるか、留学の幅広い知識があるかはもちろん真摯に対応してくれるかが一番大事だと思います。

そして留学すると決断したら、カウンセラーにすべて頼るのではなく、二人三脚で今まで以上に留学の準備を進めていくと良いと思います。そうすれば、きっと充実した留学生活が送れるはずです!


CEBU21公式のfacebook、twitterページにてCEBU21最新記事の更新情報が確認できますので、是非フォローください!

Written by CEBU21留学カウンセラー
日名子 陽介
内閣府認証 留学協会認定カウンセラー
総合旅行業務取扱管理者

アメリカ東南部にあるノースキャロライナ州の大学を卒業。帰国後に大手留学エージェントの札幌支社の支社長として、北海道の留学マーケットの拡大に尽力。現在は、フィリピン留学エージェント・CEBU21のカウンセラーとして、多い時には1日5名の方のカウンセリングをさせて頂くこともあります。アメリカ留学の経験から、フィリピン留学後の英語圏への学部留学やインターンシップなどの進路相談にもご対応しています。








  全体一覧 生活   お金   ネット   ビザ   交通   食事   その他   
   
1

フリーダイヤル

受付時間 / 月~金10:00-18:30

0120-554-815

SNSで相談する

LINE/facebook/wechatなど

詳しく見る

個別面談の予約

受付時間 / 24時間

予約する
Back to top
  • メール相談
  • 資料請求
  • カウンセリング