フィリピン留学体験談

Haru体験談:その1-お急ぎ留学(ELSA)

はる 2008/08/11 7032
「先週末にメールを流したおいた”haru"ですけどおはなしきかせてください。」
 7/22の10時過ぎのことであった。
 
「セブの英語留学に行きたいんですけど?」
「いつですか?夏休み時期は結構混んでますのが 9月中旬以降は 結構余裕が出来てきますよ。」
 「早く行きたいんです。」
「どれくらいですか?」・・・・・・
「今週末から。」・・・・・・・・
「希望はありますか?」
「勉強できればいいのでしっかり勉強が出来ればいいんですけど?」
 「他に何か条件はありますか?」
「3週後に一度日本に帰ってくるつもりなので、3週+1週休み+3週、合計6週 とれれば、特に条件はありません。」
(夏休みに入ったところで週末から行きたいというのが、既に厳しい条件なのだが)
「航空券はどうですか?」
「まだ手配していません。ただし今朝の時点で金曜日なら便があることは確認しています。」
「それでは、今週末から入校可能・1週単位の受け入れ可能の中から授業がしっかりしているところを探してみます。」
「よろしくおねがいします。」
 
 十数分後。
「ありました。ELSAという学校が条件に合うところで、唯一あいていました。」
「どういう学校ですか?」
「歴史がある学校で、校長はセブの英語学校協会会長だったこともあり、信頼されている学校です。」
「いいですね。」
「それでは申し込みますか?」
「ちょっと待ってください。航空券の確認をここのパソコンでやらせてもらっていいですか?」
「ええ、使ってください。」
「それではお借りします。」
 
 数分後
「チケット取れそうです。ELSAの入校手続きお願いします。あと予約もさせてもらっていいですか?」
(空席の確認だけでなく予約までするのかよ。だがこの予約が非常に重要になるのである)
 
その後、条件・契約書等を記入して手続き終了。料金を23日に連絡してもらって入金して、あとは出発するのみ。 CEBU21に来てから約2時間のできごと。そんなに簡単に決めていいもんだろうか?初めての留学なのに。
 
申し込みから出発までの流れと私の場合の比較
 
申し込みフォームの送付(希望開講日の4週間前まで) ⇒記入済み
CEBU21から空き状況の回答と請求書の送付 ⇒請求書待ち
1週間以内に入学金の振込み ⇒ 請求書到着後即入金
学費の残額の振込み(3週前まで) ⇒ 請求書到着後即入金
パスポート・傷害保険・写真・住民票の準備 ⇒ パスポートOK。保険は空港で。写真はインスタント。住民票は翌日
航空券の手配とスケジュールの連絡 ⇒ 7/25に出発
ピックアップスケジュールの確認 ⇒ 7/27に成田直行便時間に合流
フィリピン出発 ⇒ 7/25に出発
空港でスタッフとの合流 ⇒ 7/27に成田直行便時間に合流
 
準備物の確認ですが、あった方がいいもの等はHPを確認してください。
 私の考える、最少荷物です。
 
0.パスポート・航空券
 
1.お金 日本円でOK。というかペソを日本で換金すると非常に換金率が悪い。(詐欺にあったかと思うくらい。   1割以上違います。心配な人は最小単位で換金してください。1000円(400ペソ)あれば、十分1日生活できます)
 
2.辞書 これはしっかりした電子辞書がお勧めです。私は高校時代の英和辞典と和英・英和機能のついた携帯、   安い電子辞書を持ってきてますが、一番重宝しているには、しっかりした高校時代の辞書です。ただし重い・   英訳が出来ない。の問題あり。いい電子辞書があれば私の荷物は半分になります。
 
3.筆記用具
 ボールペンは日本で準備したほうがいいですね。入国等でも使うし、フィリピンのものはちょっと出が   悪いです。ノートはそれほど問題ないと思います。
 
4.わたしは必要ないと思いますが、文法の本。中学の文法がわかっていればいらないと思います。
 
5.着替え。Tシャツ・下着類の汗をかいたら替えたいものは3日分必要です。クーラーがききすぎている場合があるので、  長袖は必需品です。着替え類は6・7日分必要になりますのであとは買い足してください。
 
6.歯磨き・石鹸・シャンプー・化粧品など(翌日に買いますが、到着日・翌日分は準備しましょう。)
 
7.カメラ・時計・手帳。カメラは充電器・多く撮る人は予備のメモリーも忘れないようにしましょう。)
 
一言で言うと必要なものは全部セブでそろえる。時間的に厳しい場合、(歯磨き・シャンプー等)品質に疑問がある 場合は日本から持ち込む。この考えで行くと、ディーパック1個ですみます。
 あと、今探しているものはデジカメとパソコンをつなぐコード。持ってくることを考えていなかったけどこのレポートを書くのにデジカメデータが必要。いまから探しに言ってきます。
 
それではまた次回に。





体験談投稿数480件以上!フィリピン留学を知るなら、先輩たちの体験談をチェックするのが一番。学校の辛口評価からタメになるアドバイスまで完全網羅!自分の気になる学校やエリアに絞って検索も可能です。

体験談投稿数480件以上!フィリピン留学を知るなら、先輩たちの体験談をチェックするのが一番。学校の辛口評価からタメになるアドバイスまで完全網羅!自分の気になる学校やエリアに絞って検索も可能です。

学校別検索:  
地域別検索:
少しヒアリングに慣れることができたかなぁというのと、 何とかしてコミュニケーションを取ることができるようになったことは、明らかに効果があったと思います。
フィリピン留学最大のメリットといったらやはり格安のマンツーマンレッスンだと思います
部屋は縦長12畳くらいの広さで最低限のものは揃っている印象を受けました。また、シャワーとトイレも清潔でした。
空港で入国審査等の手続を終え出口ゲートへ向かうと、外には各学校の看板を持ち、それぞれの新入生の到着を待つ人たちがたくさんいました
一般的な平日の過ごし方です。ある生徒の一日を追ってみました。
バンにはバスと違いエアコンが付いていますので、より快適に旅をすることができますが、エアコンの付いていないバスでも風が充分過ぎるほど通るので私はそこまで不快には感じることはありませんでした。
自分が受けたい授業の定員がいっぱいでないかぎり、次の日から自分の選んだ授業に参加することができます
MTMではおそらく全ての生徒が各週の月曜日からカリキュラムをスタートし、同じ日に入学した生徒をベッチメイトと呼びます。
韓国人同士は韓国語で通じても、やっぱり日本人のルームメイトに伝えなくてはならない事は一緒に生活していれば出てきます。こちらがもっと交流したいという意思を見せれば、休日に一緒に出かけるお誘いも来ます
とにかく英語でしゃべる事が1番大事なので楽しく勉強できています
入り口には常にガードマンが座っており、学生の入外出時の指紋スキャンが義務付けられていて、学生が今校内にいるのか、外出中なのかがすぐに分かるようになっていました。
他校のように多人数でないため、教師から食事担当の人に至るまで、親しい関係となれて、その分、親身な教育とお世話を受けることが出来て、感謝致します。
セブスタディは皆が気持ちよく勉強出来る学校です!! 先生は皆優しく、熱心に指導してくれます!!勿論、教え方も丁寧です!!それに、ここの生徒は皆仲が良いので、初めての人でも簡単に皆と仲良くなることが出来ます!!
。物価がとても安いので安心して出かけられます。私は一人で行動するのも好きなので、たまに一人で出かけたりもします。
ルームメイトも、皆でどこか遊び行くにも韓国人と一緒なので、まさに英語を使わざるを得ない状況です。韓国人は日本に興味を持つ人が多いのと、親切かつフレンドリーなのですぐに慣れました!
ELSAの先生達はとても親切でフレンドリーです。 ほとんどの先生は歌とダンスがとても大好きでいつもどこからか誰かが歌っている声が聞こえてくる活気ある学校です。
セブの天気は思ったより暑くなく湿気が少ないためにすごし易いです。学校の中はエアコンが効きすぎで寒いです。
フィリピンの語学学校は、1:1や少人数授業を多く取り入れているので、かなり話す練習になると思いますよ。 それに、料金も、欧米の語学学校と比べて数分の1なので長期滞在にも向いています。
特にオーストラリアとか違う国に行こうとする人はぜひフィリピンで基礎を学び、喋る練習をしてからいった方が絶対お勧めです。
12345678910,,,11

フリーダイヤル

受付時間
月~金 10:00-18:30
土 10:00-16:30

0120-554-815

SNSで相談する

LINE/facebook/wechatなど

詳しく見る

個別面談の予約

受付時間 / 24時間

予約する
Back to top
  • メール相談
  • 資料請求
  • カウンセリング