フィリピン留学体験談

#144|埼玉県TNさん (20代男性) JIC Baguio 16週間

hito 2009/02/17 9993

私にとって20代最後の決断、それは仕事を辞め英語を勉強することでした…東京都内でバーテンダーをしていた私は、そこに来る英語が堪能なお客様を羨ましく思い、そして外国人のお客様と会話が出来ない事で、折角足を運んでくれた彼らに申し訳なく思ったからです。



 最初は休みの日に都内でマンツーマン英会話に通う事を考えました。自宅やカフェで勉強する。というアレです。インターネットで先生を探している時、やはり英語を勉強したいという同僚が言いました。「1時間×4週間×12ヶ月。結局1年で48時間」通勤途中に勉強したとしても道のりは遠い。それで海外に出る事に決めたのです…



 私はどちらかと言うと内気なので、まずはグループレッスンよりマンツーマンが多い海外留学を探しました。学生時代、全国展開の少人数制英会話教室、に通ったことがあるのですがその時に如何に少人数と言えグループレッスンを苦手に思った経験があったからです。そして次に留学コスト…寒い場所が苦手なので暖かい国。そこで候補に挙がったのがここフィリピンとフィジーでした。



 インターネットで資料請求をすると翌日から凄かったです、仕事中にも関わらずエージェンシーからの電話攻撃()「資料を送ります電話」と「送りましたが如何ですか?電話」…その点CEBU21はメールでのやり取りでしたのでありがたかったです。数ある資料を検討するとフィジーの学校は日本人率が高い事を知りました。それで結果フィリピンに決め、数あるエージェンシーからより多くの学校を取り扱うCEBU21に決めたのです。



 数日後、渋谷にあるオフィスに行きました。そこで、セブの地図を見ながら学校の所在地と各学校の説明を聞きました。先に書いたように私は内気な方なので大きな学校より小さな学校、日本人率が高い学校より低い学校、そして日常生活をする訳ですから便利な場所。それで、幾つかの学校に絞りました。最終的にJICに決めたのはそれらをすべてクリアしていて、おまけに自炊が出来るからでした。



 



 それから約2ヵ月後、1日400分の英語授業。私のセブでの生活が始まりました。私にとってそれはそれは楽しいもので、最初の1ヶ月は勉強より遊びに費やしてしまったかもしれません…そしてセブでの生活が2ヶ月経った頃、JIC生活を当初の3ヶ月から1ヶ月延長して4ヶ月にする事を決めました。もう少し英語の勉強をしたい、もう少し遊びたい、日本は寒いし…という理由です。



 



 なんでもそうですが、自分で努力しないと何も身に付きません。英語が出来るようになる、ならなかった…全て自分の努力次第なんだと思います。中には何故フィリピンで?フィリピンに行ったって英語の勉強なんて出来っこない。と思う人もいると思います。ですが、私はここセブに来て英語の勉強、そしてここでの生活に大満足しています。



 ここに来て、休みの日にビーチに行って色んな事を考えました。東京での日常生活では立ち止まらないような所で立ち止まり、色んな事を考えました。時には感慨深くなる時もありました。



もうすぐ私はここで30歳の誕生日を迎えます。そしてその後日本に帰り、再びバーテンダーの仕事を探します。セブでの経験を生かして今まで以上に満足の出来る仕事をしたいと思っています。



折角なら寒い日本を脱出して秋から冬の季節に…クリスマスと年明けを。そして1月の第3日曜日にはセブで大きなお祭りがあるので経験してみてはどうでしょうか?



と言うことで留学期間中CEBU21様にはとてもお世話になりました。この場を借りてお礼申し上げます。






体験談投稿数480件以上!フィリピン留学を知るなら、先輩たちの体験談をチェックするのが一番。学校の辛口評価からタメになるアドバイスまで完全網羅!自分の気になる学校やエリアに絞って検索も可能です。

体験談投稿数480件以上!フィリピン留学を知るなら、先輩たちの体験談をチェックするのが一番。学校の辛口評価からタメになるアドバイスまで完全網羅!自分の気になる学校やエリアに絞って検索も可能です。

学校別検索:  
地域別検索:
生徒は韓国人がほとんどでしたが、日本人、ベトナム人、台湾人もいてとても国際色豊かで、年齢層も幅広く10代からシニアまで、年代や国籍を超えて色々なお話をすることができ、とても良い経験となりました。
一番驚いたのは、本当に言葉も出ないようなレベルだった同じ時期に入学した韓国人の学生たちがこの頃には約15分はいろいろと話が繋がるようになったことです。
相当勉強に集中し、殆ど友達も作ってない子はやはり出来る!
既に一定の実力があり、海外旅行ぐらいなら英語で何とかなるような方は少し窮屈な思いをすると思います。
この学校に決めて本当によかったと思います。英語のスキルのもアクティビティも本当に充実した日々を過ごすことができました。
船で2時間ぐらいでボホール島に到着です。船の中はとっても寒いので上着を持っていたほうがいいです。 現地に着いてからは現地のドライバーが島を案内してくれます。
インターネットルームがあって日本語入力ができるパソコンも何台かありますが、結構使っている人が多いので自分が使いたいときには埋まっていることが多いです。
週に何回かはみんなで外食をしたりして楽しんでいます。
ここではティラピアと言う魚が釣れます。ティラピアは昔、鯛と称して売られていた事もある白身の魚でなかなか美味しいそうです。
12345678910,,,11

フリーダイヤル

受付時間
月~金 10:00-18:30
土 10:00-16:30

0120-554-815

SNSで相談する

LINE/facebook/wechatなど

詳しく見る

個別面談の予約

受付時間 / 24時間

予約する
Back to top
  • メール相談
  • 資料請求
  • カウンセリング