フィリピン留学体験談

#164|大阪府GCさん (20代男性) Philinter 12週間

ゴンザレス 2009/04/07 11481

セブに滞在して1ヶ月経過した。


 


私は空港から近いと言う理由でフィリンターを選択した。


この期間で英語が上達したと言えば、リスニングが少し上達したかもしれない。


会話の方は私のレベルが低いため、短いセンテンスしか話すことが出来ない。考え方を変えないとこれ以上成長しない気がする。が何を変えて良いのか分からないため現状維持しか出来ない。授業時間が50分であるため集中力が切れない。休憩時間10分は気持ち長く感じた。食事の時間を前回のレポートで45分間のようなことを書いたが正確には40分であった。間違った情報を与えて申し訳ございません。


 


時間は朝食7時から40分間、昼食12時から40分間、夕食6時から40分間。


朝食のメニューはほとんど固定で、パン、キャベツの炒め物、トマト、クリームシチュー


たまにお粥と肉が出る。昼食と夕食はメニューが掲示板に張り出されておりローテーションのようだ。一種類は辛いのが出てくるので、辛いのが苦手な人は注意が必要だ。


掃除は基本的に自分でやるか、自分の都合の良い日にお手伝いさんにして頂くか選択できる。掃除のタイムテーブルは金曜日の正午に張り出される。早めに予約を取らないと都合の良い時間帯がとれない。しかし、キャンセルも結構あるのでこまめチェックすることをお勧めする。掃除用具は掲示板の後ろ、1階の階段下付近に置いてある。その横がオフィスだ。


 


洗濯の流れを説明すると、カゴに洗濯物を入れて、洗濯物関係の用紙が掲示板に備え付けてあるので一枚取り、記入をし、カゴに用紙を入れ、オフィスの右側に置いて完了である。朝に出して早いときでその日の夕方、大抵次の日の夕方にはオフィスに置いてある。洗濯物が多いとそれだけ時間がかかるので注意が必要だ。


 


フィリンターでは月1回プログレステストが開催され、自分の実力を客観的に見ることができる。それとは別に単語テストがある。問題数は100問か150問であった。トップ10の得点と名前が学校内の掲示板に張り出される。


 


最後に治安について


1ヶ月経ったが、幸いにも事故らしい事故には遭遇していない。私に見えないだけで、回りで起こっているかもしれない。日本とは違うと言うことは肝に銘じた方が良いかもしれない。この国の状況が今現在どうなっているのか分からない。しかし、貧富の差がかなりあるのが良くわかる。それに加え銃は許可証も特に必要なく購入できるらしい。夜中はもちろん、日中でも気を抜かない方がよろしいかと思います。蛇足ですが横断歩道がほとんど無いので車にも気をつけて下さい。

 

 






体験談投稿数480件以上!フィリピン留学を知るなら、先輩たちの体験談をチェックするのが一番。学校の辛口評価からタメになるアドバイスまで完全網羅!自分の気になる学校やエリアに絞って検索も可能です。

体験談投稿数480件以上!フィリピン留学を知るなら、先輩たちの体験談をチェックするのが一番。学校の辛口評価からタメになるアドバイスまで完全網羅!自分の気になる学校やエリアに絞って検索も可能です。

学校別検索:  
地域別検索:
最初は簡単な会話すら聞き取りも話すこともできない状態でした。 それがたった3週間の滞在で、日常会話はほとんど問題なく出来るようになりました。
今年三月定年退職を機会に、今後予定している海外旅行時の必要アイテムとして英会話を多少勉強しようと思った。
フィリピンがよい点は、1ON1クラスがあることです。マルタはグループレッスンのみで発言の機会が少なく、個人個人の細かい発音を直す機会がありませんでした。
生徒は韓国人がほとんどでしたが、日本人、ベトナム人、台湾人もいてとても国際色豊かで、年齢層も幅広く10代からシニアまで、年代や国籍を超えて色々なお話をすることができ、とても良い経験となりました。
一番驚いたのは、本当に言葉も出ないようなレベルだった同じ時期に入学した韓国人の学生たちがこの頃には約15分はいろいろと話が繋がるようになったことです。
相当勉強に集中し、殆ど友達も作ってない子はやはり出来る!
既に一定の実力があり、海外旅行ぐらいなら英語で何とかなるような方は少し窮屈な思いをすると思います。
この学校に決めて本当によかったと思います。英語のスキルのもアクティビティも本当に充実した日々を過ごすことができました。
船で2時間ぐらいでボホール島に到着です。船の中はとっても寒いので上着を持っていたほうがいいです。 現地に着いてからは現地のドライバーが島を案内してくれます。
インターネットルームがあって日本語入力ができるパソコンも何台かありますが、結構使っている人が多いので自分が使いたいときには埋まっていることが多いです。
週に何回かはみんなで外食をしたりして楽しんでいます。
12345678910,,,11

フリーダイヤル

受付時間
月~金 10:00-18:30
土 10:00-16:30

0120-554-815

SNSで相談する

LINE/facebook/wechatなど

詳しく見る

個別面談の予約

受付時間 / 24時間

予約する
Back to top
  • メール相談
  • 資料請求
  • カウンセリング