フィリピン留学体験談

#99| 鹿児島県HMさん(20代男性) Philinter 8週間

Zuruli 2009/01/05 6541

今オレは、歴史的瞬間に立ち会おうとしているッッッ!!!!!


冗談を言いました。フィリピンは英語圏なので、映画やスポーツの試合などを日本よりも早く見る事が出来ます。今Manny Pacquiaoのボクシングの試合(通称Dream Match)をテレビで見ています。Manny Pacquiaoといえばミンダナオ島出身の世界ライト級チャンピオンで、フィリピンでは超人気のボクサーです(本当かどうかは定かではないが、政府軍と反政府勢力の戦闘が試合の時だけストップし、彼の試合が放映されているときは犯罪が全く起こらないとか)。相手はOscar De La Hoya、6階級制覇を達成し、バルセロナで金メダルを獲得したアメリカのボクサーです。僕自身はあまりボクシングに明るくないため、なぜこの試合がDream Matchなのかイマイチよく分かりません。そこらへんは、もう語学能力云々ではなくて、むしろ知識と技術の問題だと思います。6階級制覇の何がすごいのか、イマイチよく分かりませんし。


ちなみに、試合自体は126日に行われており、今放映されているのは録画です。国民的英雄のはずなのに、なぜ録画…あと、日本ではWOWOWで試合を観る事が出来るそうです。亀田三兄弟がどうたらこうたらですごくボクシングに関心を持つような雰囲気が日本で出来上がってきた感じだったけども、こうしてみると、彼らはボクシングに投げ技とカラオケを持ち込んだだけだったわけですね。ボクシングには投げ技が無い…そう思っていた時期が俺にもありました。


次に、フィリピンの映画事情ですが、前述の理由からアメリカやイギリスの映画を日本よりも早く観る事が出来ます。もちろん字幕はありませんが。High School Musical007の新作をちょっと前にやっていて、この前は007の新作Quantum Of Solaceを見ました(日本での上映は1月で、しかもタイトルは「慰めの報酬」。007で日本語訳のタイトルがつくのは20年ぶりだそうです)。僕はまだ見ていませんが、今はTwilightという映画が人気だそうです。しかし、日本ではあまり有名ではない。それどころかWikipediaにすら日本語版は載っていない。こうしてみると、日本と海外の温度差を、垣間見る事が出来るわけです。どこの国でも流行っているものと、日本でしか流行っていないもの、海外でしか流行っていないものもあるわけです。


僕の先生が、前にこんな事を言ってました。「日本人は英語だけではなくフィリピンの文化も学ぼうとするけど、韓国人は英語しか学ぼうとしない」。その言葉が真実かどうかは僕にはよく分かりません。確かに多くの韓国人は自国の文化を持ち込む癖があり、あまりフィリピンの文化を学ぼうとしません。例えば、「自分の事をヒョン(兄貴)、ヌナ(お姉さん)と呼べ」と僕はよく言われました。韓国では年上の人は敬うように教えられているからです。日本では食べるときクチャクチャ音を立てないように教えられていますが、韓国では逆に食べるときにクチャクチャ音を立てるように教えられています。授業が終わると早々に帰ってしまうし、ジプニーではいつも韓国語を喋っています。正直言ってちょっとストレスなんですが、でも日本の事を知ろうとしている韓国人も結構いますよ。また、一部の日本人もあまり文化を学ぼうとしないのも事実といえば事実です。僕がオーストラリアにいた頃は、日本人・韓国人・インド人は、「いつも集団で行動する人々」の代表格でした。韓国人同様日本人もよく集団で固まって行動してますから。フィリピンに来て英語しか学ばないのは、あまりよろしくないと思います。英語を学ぶだけなら日本でも出来るわけです。英語はあくまでツールです。勉強だけしていてはだれるので、映画やスポーツを見てモチベーションを高めるのもいいと思います。フィリピンがどんな国なのか、映画や試合を見るだけでも学べますから。


 


 








体験談投稿数480件以上!フィリピン留学を知るなら、先輩たちの体験談をチェックするのが一番。学校の辛口評価からタメになるアドバイスまで完全網羅!自分の気になる学校やエリアに絞って検索も可能です。

体験談投稿数480件以上!フィリピン留学を知るなら、先輩たちの体験談をチェックするのが一番。学校の辛口評価からタメになるアドバイスまで完全網羅!自分の気になる学校やエリアに絞って検索も可能です。

学校別検索:  
地域別検索:
インターネットルームがあって日本語入力ができるパソコンも何台かありますが、結構使っている人が多いので自分が使いたいときには埋まっていることが多いです。
週に何回かはみんなで外食をしたりして楽しんでいます。
ここではティラピアと言う魚が釣れます。ティラピアは昔、鯛と称して売られていた事もある白身の魚でなかなか美味しいそうです。
世界遺産アンダーグラウンドリバーを見に行った。ここは鍾乳石の洞窟。小さなボートに乗り洞窟内に入ると人の形やフルーツの形、動物の形など様々な形の鍾乳石をみることができた。
学校の教室は寒いと感じる事が多い。また、ドミトリーの室内も、ルームメイトによってはエアコンを最強に効かせる場合もある。
留学しながらゴルフも満喫できます!
日本では25日を過ぎると正月モード一色になりますが、こちらでは25日を過ぎても年明けまでクリスマスモードです。そこが日本とは違うところだと感じました。
雪もないし寒くないし、水着だしみたいな感じで全然クリスマスパーティーと感じなかったですがすごく楽しい時間を過ごせました。
会場は屋外に設けられていて、ビュッフェ形式の夕食をとった後、カラオケやゲーム、プレゼント交換などが行われた。ゲームは小さい頃、経験したようなシンプルでなつかしいものが多かった。
普段生活しているマクタン島は光があまりない為、正直あまり期待していなかったが、セブ島とは思えない程の光が輝いていた。
テストは午前中だけだったので午後からは場所をうつしてスポーツフェスティバルが行われました。 先生、生徒入り混じっての大会です。
6ヶ月前に行ったマルタよりも、フィリピンのほうが英語の勉強にはもってこいです。英語が話せるようになりたいのだったら、その中でも、特に1ON1の授業の多いPHILINTERをお勧めします。
フィリピンの方がよい点は、まず、1ON1 クラスがあることです。マルタはグループレッスンのみだったので、発言の機会が少なく、個人個人の細かい発音を直す機会がありませんでした。
一泊二日でバンタヤン島に行って来ました。バッチメイト20人のうち12人です。男9人女2人、宿泊、食事、交通費、アイランドホッピングを含め2000ペソ
マンツーマンレッスンはリクエストをすれば授業内容の変更は可能です。
日本では考えられないほど安いので、セブ島に来られる方でマンゴー好きな方は是非とも食べて帰られてください。 他にはマンゴスチンなども売られているのを見ました。
英語での説明ですが、日本語に訳されたプリントがあるのでそれをみれば詳しく書いてあるので理解できます。
セブ留学を決めた理由はマンツーマンレッスンが多いことと、費用が安いこと(滞在費・留学費用)海がきれいなことです
12345678910,,,11

フリーダイヤル

受付時間
月~金 10:00-18:30
土 10:00-16:30

0120-554-815

SNSで相談する

LINE/facebook/wechatなど

詳しく見る

個別面談の予約

受付時間 / 24時間

予約する
Back to top
  • メール相談
  • 資料請求
  • カウンセリング