フィリピン留学体験談

#120|埼玉県YNさん (20代女性) Philinter

hide 2009/01/22 8481

人生初のサマークリスマスをフィリピンで体験しました。



フィリピンのクリスマスは街中に、イルミネーションやクリスマスツリーなどがあったりと、日本と一緒ですが当然のことながら暑いです。そのため、街中にサンタクロースはいません。ただし、ショッピングモールの中にサンタクロースがいて、子供と一緒に写真が撮れるようなサービスはやっていました。日本と一緒ですね。



クリスマスイブは先生の家のクリスマスパーティに招待されたので日本人の友達数人と行ってきました。家には先生の親戚一同が何十人も来ており大変賑やかです。日本だと大抵家族のみなのでそこはまず違う点かと思います。あと、日本だと恋人と過ごすパターンも多いですが、フィリピンの場合、大抵親戚を呼んでパーティのようです。



20時位に先生宅に到着し、まずはクリスマス当日に備えてみんな料理の準備をしています。自分達は日本料理代表としてそばを作りました。(写真左中央)料理は各々持ち込んだ料理でとても食べ切れないほどのごちそうが出来上がりました。いよいよクリスマス間近になると、みんなでカウントダウンをしてパーティの始まりです。年末年始は日本でもカウントダウンはしますが、クリスマスにはあまりやらないので、ここは違う点かと思います。



また、12時になると、そこら中の家から花火が上がります。そのため、12時から1時間位はそこら中が煙くて大変でした。花火といっても日本の夏の花火とは違って、ほとんどがロケット花火や爆竹です。自分達も100本位はロケット花火をあげました。花火を打ち終わると、子供たちへクリスマスプレゼントをあげたり、ちょっとしたお菓子やおもちゃが貰えるゲームなどをやっていました。日本の子供達と違って、12時過ぎなのにこっちの子供はとても元気です。



ちなみに子供達へのクリスマスは前日からクリスマスツリーの下に置いておくそうです。もし、子供達がクリスマスを迎える前にクリスマスプレゼントを取っていってしまったら、来年はその子供はクリスマスプレゼントをもらえないというしきたりだそうです。ただこれは、フィリピンカルチャーではなく、欧米のものかもしれません。



その後は、外で先生が借りてきたカラオケマシーンで野外カラオケです。日本と違って近所に家も密集していないのでそんなに近所迷惑にもなりません。そして、そこから朝まで庭に置いたテーブルをみんなで囲んで朝まで飲んでいました。こちらのクリスマスは朝まで飲んで、朝日を見るまで頑張ろうというのが、通の過ごし方のようです。日本の元旦と一緒でしょうか。



最後に、先生がそばを大変気に入ってくれ、冷蔵庫に入れて何日持つかというような質問までされました。確かに日本人が食べても出来はよかったので、気に入ってもらえてよかったです。



 



 





#120|埼玉県YNさん (20代女性) Philinter:ページトップに戻る


体験談投稿数480件以上!フィリピン留学を知るなら、先輩たちの体験談をチェックするのが一番。学校の辛口評価からタメになるアドバイスまで完全網羅!自分の気になる学校やエリアに絞って検索も可能です。

体験談投稿数480件以上!フィリピン留学を知るなら、先輩たちの体験談をチェックするのが一番。学校の辛口評価からタメになるアドバイスまで完全網羅!自分の気になる学校やエリアに絞って検索も可能です。

学校別検索:  
地域別検索:
世界遺産アンダーグラウンドリバーを見に行った。ここは鍾乳石の洞窟。小さなボートに乗り洞窟内に入ると人の形やフルーツの形、動物の形など様々な形の鍾乳石をみることができた。
学校の教室は寒いと感じる事が多い。また、ドミトリーの室内も、ルームメイトによってはエアコンを最強に効かせる場合もある。
留学しながらゴルフも満喫できます!
日本では25日を過ぎると正月モード一色になりますが、こちらでは25日を過ぎても年明けまでクリスマスモードです。そこが日本とは違うところだと感じました。
雪もないし寒くないし、水着だしみたいな感じで全然クリスマスパーティーと感じなかったですがすごく楽しい時間を過ごせました。
会場は屋外に設けられていて、ビュッフェ形式の夕食をとった後、カラオケやゲーム、プレゼント交換などが行われた。ゲームは小さい頃、経験したようなシンプルでなつかしいものが多かった。
普段生活しているマクタン島は光があまりない為、正直あまり期待していなかったが、セブ島とは思えない程の光が輝いていた。
テストは午前中だけだったので午後からは場所をうつしてスポーツフェスティバルが行われました。 先生、生徒入り混じっての大会です。
6ヶ月前に行ったマルタよりも、フィリピンのほうが英語の勉強にはもってこいです。英語が話せるようになりたいのだったら、その中でも、特に1ON1の授業の多いPHILINTERをお勧めします。
フィリピンの方がよい点は、まず、1ON1 クラスがあることです。マルタはグループレッスンのみだったので、発言の機会が少なく、個人個人の細かい発音を直す機会がありませんでした。
一泊二日でバンタヤン島に行って来ました。バッチメイト20人のうち12人です。男9人女2人、宿泊、食事、交通費、アイランドホッピングを含め2000ペソ
マンツーマンレッスンはリクエストをすれば授業内容の変更は可能です。
日本では考えられないほど安いので、セブ島に来られる方でマンゴー好きな方は是非とも食べて帰られてください。 他にはマンゴスチンなども売られているのを見ました。
英語での説明ですが、日本語に訳されたプリントがあるのでそれをみれば詳しく書いてあるので理解できます。
セブ留学を決めた理由はマンツーマンレッスンが多いことと、費用が安いこと(滞在費・留学費用)海がきれいなことです
12345678910,,,11

フリーダイヤル

受付時間
月~金 10:00-18:30
土 10:00-16:30

0120-554-815

SNSで相談する

LINE/facebook/wechatなど

詳しく見る

個別面談の予約

受付時間 / 24時間

予約する
Back to top
  • メール相談
  • 資料請求
  • カウンセリング