【UBER vs. Grab】超便利なフィリピンの配車アプリを徹底比較!

CEBU21 編集部 2016/11/08 3252
タイトル	【UBER vs. Grab】超便利なフィリピンの配車アプリを徹底比較!

フィリピンではタクシーを簡単に手配できるUBERやGrabといったスマホアプリの登場で、マニラやセブ島でも安全にタクシー利用ができるようになりました。ぼったくりや行き先の心配などしなくても、安心して移動できる2大配車アプリを実際に使ってみてそのサービスを比較してみました。ご利用の注意点も最後にまとめてあります。

超便利!フィリピン留学前に入れておきたい、配車アプリとは?

配車アプリは、スマートフォン(以下スマホ)を使ってタクシー・ハイヤーの手配ができる便利なサービスです。あらかじめAndoridまたはiphoneなどのスマホに配車アプリをインストールしておく必要があり、ご利用時にはインターネット環境が必要です。各アプリはこちらから無料でダウンロードいただけます。

UBER

Uber
Get the app Get the app

Grab - Car, Taxi, Bike Booking App

Uber
Get the app Get the app

スマホのGPS機能を利用することで自分の位置と最短距離にあるタクシー・ハイヤーを検索し、とても簡単に手配ができます。目的地までかかる時間と料金もあらかじめ確認することができるのでとても便利です。土地勘がなく、言葉の通じにくい海外でぼったくりや乗車拒否といった不安要素がなく利用できるとあって、現地で大活躍するサービスです!

二大配車アプリUBERとGrab。気になるポイントをまとめました。

北米を中心に世界的な展開を誇る『UBER(ウーバー)』と、東南アジアに焦点を当てている『Grab(グラブ)』がフィリピンでのシェアの大半を占めています。アプリによって決済方法やサービスが異なるので、より自分に合ったものを選ぶのが良いでしょう。この記事ではCEBU21スタッフが実際にUBERとGrabのサービスを利用した感想をもとにその違いをご紹介していきます。

フィリピンのどの都市で使えるのか

  マニラ セブ島
Uber
*メトロマニラであれば問題なし

*マクタン島のリゾートでも問題なし
Uber
※セダンタイプも可

※通常タイプのタクシーのみ可

※その他の都市では未調査(現地情報がございましたらお気軽にご連絡ください)

乗車時の決済方法は?

  マニラ セブ島
Uber クレジットカード/現金 クレジットカード/現金
Uber クレジットカード/現金
※クレジットカードはセダンタイプのみ可
現金のみ

乗車料金の計算方法は?

  マニラ セブ島
Uber 固定料金
※タクシーと比べるとやや割高
固定料金
※タクシーと比べるとやや割高
Uber 手配料金40ペソ+タクシーのメーター分 メーター通り

※2016年10月28日現在


タクシーを手配できる『Grab』に対して、比較的ハイグレードな一般車両をハイヤーとして手配できる『UBER』といった違いがありますが、基本は好みによって使い分ける形でよいかと思います。続いては、各サービスの実際に使ってみたレポートとなります。


UBERの使い方と乗車レポート

UBERとは?

UBERはハイヤーを呼ぶことのできるサービスです。通常のタクシー車両のGrabとは異なり、ハイグレードな車両なので高級感を味わえます。事前にクレジットカード情報を登録していただく必要がありますが、実際の乗車時はクレジットカードを提示することなく決済ができるのがとても便利です。北米を中心に世界展開されているサービスで、東京でも一部地域での利用も可能となっています。

アプリのインストールはこちら(無料)

Get the app Get the app


インストール後の登録方法

アプリをダウンロードした後、「登録」のボタンから個人情報を登録してください。日本の携帯番号でも登録が可能です。登録後に確認用の認証コードが送られてきますので、携帯の認証をしていただく必要があります。(フィリピン現地の携帯電話での登録も可能です)

その後、クレジットカード情報を登録します。右上にある「スキャン」という機能を使うとスマホカメラにクレジットカードを読み込ませるだけで面倒な番号入力をスキップすることができます。これで登録は完了です!

※アプリのGPS(=位置認証システム)はONにしておきましょう

ハイヤーの予約から到着までの流れ

1

アプリを開きます!

2

Pick-upとDrop-offの場所を指定します(ピンで指定、もしくは住所や建物名を入力可能)

3

決済方法を選んで内容を確認し、「ハイヤーを依頼する」ボタンをタップします。

4

ドライバーと車種情報、到着までの時間が表示されます。

5

ドライバーが到着すると、携帯のバイブ機能で通知!

6

目的地到着後、精算します(クレジットカードの場合、カードは出さなくて大丈夫です)。

7

数時間後、事前登録したメールアドレス宛に領収書が送られます。

セブ・マクタン島からセブシティのSMまでUBERを使って移動した感想

良かった点

まず車がキレイで高級感がありました。その後も何度か利用しましたが、ハズレと感じたことはありませんでした。通常のタクシーと比べてやや割高ですが、それも数十ペソ程度の差ですので気になりません。今回のように、多少移動距離が長い場合に利用するのが良いと思います。決済がとても楽なのもポイント高いです。


気になった点

セブ・マクタン島ではまだドライバーがまだ多くないからか、ピックアップまで時間を要しました(約30分)。時間がない方にとっては通常のタクシーの方が捕まえやすいかもしれません。また、夕方のラッシュアワー時にはアプリが起動しないことも。オプションとしてGrabと併用するのが良いと感じました。


Grabの使い方と乗車レポート

続いてGrabを使ってのタクシー乗車体験レポートとその特徴を紹介します。

Grabとは?

Grab(旧Grab Taxi)は東南アジア市場向けに作られ、今も東南アジアでのみ展開しています。Grabの特徴は、東南アジアに特化された『タクシー配車アプリ』であることです。必ずタクシードライバーとの個別面接を行い、徹底的な身元調査を行った上で専属ドライバー契約を行っているため、安心してご利用いただけます。

アプリのインストールはこちら(無料)

Get the app Get the app


インストール後の登録方法

Grabの登録方法は先ほどのUBERとほとんど同じですが、クレジットカード情報の登録は任意となっています。マニラで利用可能なハイヤー型の『Grab Sedan』をご利用いただく際はクレジットカード決済が可能ですが、それ以外では現金決済となります。

タクシーの予約から到着まで

1

アプリを開きます!

2

Pick-upとDrop-offの場所を指定します(ピンで指定、もしくは住所や建物名を入力可能)

3

決済方法を選んで内容を確認し、「BOOK」ボタンをタップします。

4

次のページでドライバーの顔と名前、車番号が現れます。

5

Pick-upに指定した場所で、乗り合わせます。
予約した車で間違いないか(ドライバーの顔と名前、車のナンバーが合っているか)確認し、合っていれば乗りましょう。乗車すると、ドライバーが確認のためあなたの名前を呼んで確認します。

空港やショッピングモール等の場所によっては、こうしたGrab専用の乗り場があるところも。

6

目的地に着いたら、ドライバー提示した金額に対して現金精算します。

7

数時間後、支払った金額の明細が事前登録したメールアドレスに届きます。


GrabのEレシート

Grabを使った感想

今回初めてGrabを使ってタクシーに乗車、そのスムーズさに感動しました。一方で気になったところも。

良かった点

Grabの一番の強みは、安心できる点だと思います。しっかり審査を行った上でドライバーとの契約を結んでいるので、女性一人でも安心してタクシーを利用することができます。レシートがメールで届く点もとても便利でした!


気になった点

ドライバーと合流できなかった時、互いの居場所を確認するために電話やテキストをやりとりすることがありました。Grabを使う時は、現地携帯の所持が欠かせません。また、車体は通常のタクシーなので、特にはオンボロの車両にあたることも…。


配車アプリを使うときの注意点

1

インターネット環境は必須です。

SIMフリーのスマホをご利用いただくのが一番おすすめです。ポケットWi-Fi環境下でのご利用も可能ですが、ドライバーと連絡を取らなければいけない際に電話番号がないことがストレスとなります。

2

ラッシュアワー時にはタクシーが捕まらない&アプリが立ち上がらないこともあります。

常にアプリに頼るのではなく、状況を見て流しのタクシーを捕まえるなど、その場面に適した状況判断が必要です。

3

利用時は周囲に注意しましょう。

フィリピンではスマホ利用者をターゲットとしたスリや引ったくり等の軽犯罪が発生します。画面にくぎ付けになるあまり、荷物が盗まれたりすることがないよう細心の注意を払うようにしてください。


※各種アプリのご利用は自己責任でお願いいたします。アプリ利用等によって発生したトラブルに関して当社は一切責任を負いかねます


まとめ

安価でタクシーが呼べる安心型サービスのGrabと、快適さがワングレード上のUBER。どちらの配車アプリも甲乙つけがたいサービスとなっています。ちなみに現地在住のフィリピン人、日本人に「どちらの配車アプリが好みか?」というアンケートを取りましたが、回答は完全に二分しました。みなさんも魅力的な配車アプリサービスを使ってフィリピン留学中は安全な移動を心がけてください。感想も是非お寄せいただければ幸いです。







前へ フィリピン留学で韓国人学生と友達に!彼らの本音を徹底調査
次へ 【フィリピン】インターン募集情報&応募前に知っておきたい事
  全体一覧 生活   お金   ネット   ビザ   交通   食事   その他   
   
1

フリーダイヤル

受付時間 / 月~金10:00-18:30

0120-554-815

無料資料請求

受付時間 / 24時間

資料請求

個別面談の予約

受付時間 / 24時間

予約する
Back to top
  • メール相談
  • 資料請求
  • カウンセリング