フィリピン留学体験談

#223|東京都MOさん (20代女性) MTMUV 12週間

CEBU21 2010/05/24 11308
私は2月の初めから、4月末までの3カ月間、MTM(JYとUV)に滞在したものです。 初めの3週間はJYキャンパス(以下JY)にて、残りの9週間はUVキャンパス(以下UV)に滞在しました。
私は2月の初めから、4月末までの3カ月間、MTM(JYとUV)に滞在したものです。
初めの3週間はJYキャンパス(以下JY)にて、残りの9週間はUVキャンパス(以下UV)に滞在しました。
そもそもなぜこの学校を選択したかというと、カリキュラムが充実していることとネット環境(寮の部屋でネット接続可能)が整っていることです。
 
はじめにJYでの生活をご紹介します。
授業はマンツーマンクラスが3コマ(1コマ1時間)、グループクラスが6コマ、合計9コマありました。
大学を卒業して5年以上経っている私には正直、集中力が続かないと感じることが多々ありました。
夕食後にも2コマの授業があり、宿題の時間を確保するため、平日の外出は難しいです。
たいていの学校には門限があり、ここも例外ではありません。平日は22時、週末は25時までです。
平日は授業と課題に追われ、外出する気にはなれませんでした。。。
 
この学校の特徴は、授業の遅刻、欠席に対してペナルティがあることです。
ペナルティの内容は、罰金、週末の外出制限などです。
罰金は結構な額なので、生徒全体の約90%を占める韓国人をはじめ、日本人もほとんどの授業に参加
しているように思います。
ほぼ強制的に授業に出る必要があるため、学生の方などで、自分の学習スタイルが確立されている方にとっては、少々窮屈に感じるかもしれません。
実際、平日は授業が21時10分に終わるため、寝る時間まで1~2時間くらいしか、自由時間を確保できません。 (9コマも授業を受けると、体力をかなり消耗する)
 
次に生徒の多くを占める韓国人との関係についてコメントしたいと思います。
ここでは、同じ週から入学した仲間をバッチと呼び、その仲間と行動することが多いです。
上記の通り、生活のスタイルが決まっているため、韓国人とは仲良くなりやすいです。
というのも、同じ授業に参加したり、食事を同じテーブルで取ることにより、一緒にいる時間が長くなるからです。
到着して最初の週末には、バッチ(私以外の7人はみんな韓国人)と他の島に旅行してきました。
旅行中、韓国語がしゃべれない私を気遣い、英語でしゃべってくれたり、今どんな話題で盛り上がっているのか、その都度教えてくれました。逆に、”韓国語ばかりしゃべっていてごめんね”と言われてしまい、こちらが恐縮してしまいました。
韓国人と上手く付き合うには、常識の範囲内で遠慮をしないことです。
例えば、”私(日本人)がいなければ、彼らは韓国語でおしゃべりができるのに。。。”と考えないことです。
彼らからみれば、10%しかいない日本人と交流することはいい経験であり、たいていの韓国人は日本人と友達になりたいと思っていると感じました。また英語力とくにスピーキング力を伸ばすことを誰もが目標としており、日本人の存在は、それを助ける役割もしています。
日本人特有の"遠慮をし過ぎること"は、韓国人と付き合う上で、障害となることがあります。
 
さて、次にUVでの生活をご紹介致します。
 
UVの特徴は、3コマのマンツーマン、3コマのグループレッスンで授業が構成され、授業の遅刻、欠席に対して、罰金という形でペナルティがないことです。また門限も平日は23時、週末は25時となっているため、JYと比べて自由時間を、2~3倍確保できます。
また、TOEICやTOEFL、IELS対策の授業が提供されています。
 
共通して言えることですが、近くにスーパーやモールがあり、日常生活に必要なものはたいてい揃います。治安についても、身の危険を感じたことは一度もありませんでした。決して裕福だと表現することはできませんが、フィリピンの人々はいつも笑顔で、前向きです。
先生も楽しい授業をしてくれますし、こちらの言おうとしていることを理解しようとしてくれます。
 
ところで、一番気になるのはTOEICのスコアと、どのくらい英語力が向上するのかということではないでしょうか?
私のケースですと、学校に入学した時のスコア545点から、最後のマンスリーテストでは800点になりました。プラス、来る前と比べて遥かにしゃべれるようになりました。
特にスピーキングに関しては、一週間で少ししゃべれるようになったと実感しました。
TOEICのスコアアップに関しては、途中からTOEICの授業を受けた以外で、特に自分では行っていません。
 
 
<TOEICの結果その1>
 
 
<TOEICの結果その2>
 
 
<TOEICの結果その3>
 
MTMでの3カ月間は毎日大変充実しており、韓国人の友達とも仲良くすることができました。
半分くらいの韓国人はその後オーストラリアやカナダに留学しますが、その前の過程で、なぜフィリピンに留学するのか納得しました。
 
最後になりましたが、留学生活をはじめから終わりまでサポートして下さった、CEBU21のスタッフのみなさん、現地スタッフのDaichangに心から感謝申し上げます。ありがとうございました。
また機会がありましたら、ぜひフィリピンにもう一度訪れてみようと思います。






体験談投稿数480件以上!フィリピン留学を知るなら、先輩たちの体験談をチェックするのが一番。学校の辛口評価からタメになるアドバイスまで完全網羅!自分の気になる学校やエリアに絞って検索も可能です。

体験談投稿数480件以上!フィリピン留学を知るなら、先輩たちの体験談をチェックするのが一番。学校の辛口評価からタメになるアドバイスまで完全網羅!自分の気になる学校やエリアに絞って検索も可能です。

学校別検索:  
地域別検索:
みっちり英語漬けで頑張るのもあり。 時間をかけて少しゆったり勉強するのもあり。 CIPは、それぞれの目的に沿って自分で授業を作っていける。そんな学校だと思います。
「24時間英語漬け」のC21のコンセプトが効果的に機能しています。食事は毎食、韓国料理を中心に、複数の副食が用意され好みに合わせて取り分ける形式です。非常においしく頂きました。
私は2月の初めから、4月末までの3カ月間、MTM(JYとUV)に滞在したものです。 初めの3週間はJYキャンパス(以下JY)にて、残りの9週間はUVキャンパス(以下UV)に滞在しました。
初めは僕はあまり先生と上手くコミュニケーションがとれずに苦労することがままありました。そんな6週間前の状態と授業を全て受け終えた現在の状況を比較すれば、「少しは上手くなったのかな?」と思います。
「私達講師が生徒に教えられるのは30%、70%を自分で完璧にすれば100%になることができる。」と。 ここでは、その70%を可能にするための環境、教材など十分に揃っていると思います。
CIPでの生活は私にとって本当に英語だけを学ぶことができる快適な環境でした。先生を始め生活のお手伝いをして頂いたアテやクエ、時には優しいマネージャー^^に、生徒思いのルイとスティーブ、本当にありがとうございました!
1ヶ月という短い期間でしたが勉強・友達・思い出などいろいろなものを得ることができました。
フィリピンでは見た事もない素晴らしい光景に感動しました。 素晴らしい先生と生徒についても書き留めたいと思います。 彼らはとても親切で思いやりがあります。一人一人とてもユニークです。
ある先生の場合は、ダンスの話から僕が日本の踊りについてポロっと口を滑らしてしまい、なぜだか結局「ソーラン節」を目の前で披露しました。
先週の週末はバギオに行ってきました!そして見てきましたフラワーフェスティバル!!
MTMUVについて2週間たちますが、だいぶ生活にも慣れ楽しく暮らしています。
韓国人の友人が言うには「MMBSではフィリピン料理と韓国料理が一緒に出されている」らしいですが、正直どれも少しずつピリッと辛いので区別出来ません。
こういうテストが毎月あることで自分がどれだけ伸びたか確認出来るので、また気合いを入れて次回はレベルが上がるように頑張りたいと思います!
フィリピン英語留学のメリットは、安さだけに留まりません!
これから始まるみなさんの貴重な時間を精一杯感じてきてください
本当に日本人生徒は少ないので、毎日英語漬けになることもあります。 毎日の英語会話のおかげで、単語の量は確実に増えていきました。
日本に帰ったら皆に会いたくて泣くでしょう。。。皆の笑顔が大好きです。ありがとう。
写真では寮はとてもキレイな感じを受けますが、期待はしない方が良いです。必要最低限の設備が整っているビジネスホテルを想像してもらえれば良いと思います。
私はフィリピンにおける英語留学で重要な点は「いかに授業以外の時間に英語を使うか」だと思っています。部屋でただ黙々と勉強しているのではなく、時には現地で知り合った友人たちと接していくことも、自らの英語の上達を促進させ、且つ現地での生活をより楽しいものにしくのではないのでしょうか。
MMBSはもともとホテルを改築して作られた学校なので部屋の内部・外装、さらには教室への道などもさながらちょっとしたリゾートホテルのようです。それを見て回るのもまたここでの一つの楽しみです。
たまたま私の誕生日があったんですが、みんなでケーキを持ってきてくれてお祝いをしてくれました。そして誕生日プレゼントもいっぱいもらいました。
英語がわからなくてもジェスチャーや紙に絵を書いてくれて、理解できるまで説明をしてくれました。
近辺の治安に関してはとにかく住民の多さは何処でも感じましたが、私にとって危険さを感じたことはありませんでした。
ビールばっかり飲んでいるわけでもなく、昨日、今日でスキューバのライセンスを取りに行ってきました。
最初は簡単な会話すら聞き取りも話すこともできない状態でした。 それがたった3週間の滞在で、日常会話はほとんど問題なく出来るようになりました。
今年三月定年退職を機会に、今後予定している海外旅行時の必要アイテムとして英会話を多少勉強しようと思った。
フィリピンがよい点は、1ON1クラスがあることです。マルタはグループレッスンのみで発言の機会が少なく、個人個人の細かい発音を直す機会がありませんでした。
12345678910,,,11

フリーダイヤル

受付時間
月~金 10:00-18:30
土 10:00-16:30

0120-554-815

SNSで相談する

LINE/facebook/wechatなど

詳しく見る

個別面談の予約

受付時間 / 24時間

予約する
Back to top
  • メール相談
  • 資料請求
  • カウンセリング