フィリピン留学体験談

#101| 福岡県SAさん(30代女性) Philinter 4週間

アイス 2009/01/05 7098

4週間の予定でPhilinterにお世話になっております。



早いもので既に3週間が過ぎてしまいました。。



今回は週末のアクティビティについてレポートしたいと思います。



 



1.アクティビティの種類について



セブ島は言うまでもなくリゾート地ですので、それっぽいアクティビティは全て揃っています。主立ったものを以下にリストアップします。



(a)   スクーバダイビング



(b)   ホテルのプライベートビーチ



(c)    アイランドホッピング(スノーケリング、BBQ等)



(d)   ボホール島観光



(e)    パラセイリング、ジェットスキー、バナナボート等



(f)     ゴルフ



(g)   マッサージ



(h)   …等々



※全てを体験したわけではありません。



アクティビティの中で最も印象的だったスクーバダイビングについて紹介したいと思います。



 



2.スクーバダイビングについて



遊び目的でセブにきたのではありませんが、せっかくセブ島に行くのでダイビングは経験しておこうと思っておりましたので、早速最初の週末に他の学生とOPENライセンス取得コースに参加しました。このライセンスを取得しておくと、世界各国の(多くの)ダイビングショップでダイビング可能になるとのことです。



「ダイビング = 酸素ボンベをしょって魚と戯れる」というイメージしかなく、知識も経験も全く無い状態だったのですが、ダイビングの基礎について端的な説明をしていただき、実際に海に入ってからもワンステップずつ基礎技術を説明していただいたので、難なくダイバーへの一歩を踏み出すことができました。海のあまりの美しさに魅了され、翌週末もセブ島の西側にある「モアルボアル」という所へいきました。寮から3~4時間位です。写真はそのときのものです。ここはウミガメの宝庫として有名で、魚の数もマクタンに比べて多いように感じました。ライセンスを取られたらぜひ訪れてください!ここでライセンスを取るのもありだと思います。ちなみにニモにも会えました()1cm位でものすごくかわいかったです。



 



3.スクーバダイビングについての注意点



3-1. 料金について



安い…そうです。ですが、それでも結構なお金がかかります!!!



私の場合、マクタンでライセンス取得に約27000円、モアルボアルでは交通費等込で約15000円かかりました。ダイビングをお考えの方はその分の予算を組んでいた方が良いです。。



3-2. ダイビングショップについて



容易に想像できることではありますが、日本人のダイビングショップは概して値段が高い傾向があります。(モアルボアルはそうではありませんでした。)韓国人向けのお店だとかなり安くライセンスが取れるようです。しかしながら私の個人的な意見では、ダイビングは命が関わっているので、日本人のショップがいいのではないかと思います。少なくとも英語のショップにした方が無難です。というのも、モアルボアルには韓国人と行ったのですが、日本人ショップだったので、説明が全部日本語で、すごく苦労しているように感じられたからです。



 



 



 



 



 



今回のレポートは以上です。少しでも参考になれば幸いです。



来週は留学の成果・成長についてレポートしようと思っております。



最後までお読みいただき有り難うございました。






体験談投稿数480件以上!フィリピン留学を知るなら、先輩たちの体験談をチェックするのが一番。学校の辛口評価からタメになるアドバイスまで完全網羅!自分の気になる学校やエリアに絞って検索も可能です。

体験談投稿数480件以上!フィリピン留学を知るなら、先輩たちの体験談をチェックするのが一番。学校の辛口評価からタメになるアドバイスまで完全網羅!自分の気になる学校やエリアに絞って検索も可能です。

学校別検索:  
地域別検索:
インターネットルームがあって日本語入力ができるパソコンも何台かありますが、結構使っている人が多いので自分が使いたいときには埋まっていることが多いです。
週に何回かはみんなで外食をしたりして楽しんでいます。
ここではティラピアと言う魚が釣れます。ティラピアは昔、鯛と称して売られていた事もある白身の魚でなかなか美味しいそうです。
世界遺産アンダーグラウンドリバーを見に行った。ここは鍾乳石の洞窟。小さなボートに乗り洞窟内に入ると人の形やフルーツの形、動物の形など様々な形の鍾乳石をみることができた。
学校の教室は寒いと感じる事が多い。また、ドミトリーの室内も、ルームメイトによってはエアコンを最強に効かせる場合もある。
留学しながらゴルフも満喫できます!
日本では25日を過ぎると正月モード一色になりますが、こちらでは25日を過ぎても年明けまでクリスマスモードです。そこが日本とは違うところだと感じました。
雪もないし寒くないし、水着だしみたいな感じで全然クリスマスパーティーと感じなかったですがすごく楽しい時間を過ごせました。
会場は屋外に設けられていて、ビュッフェ形式の夕食をとった後、カラオケやゲーム、プレゼント交換などが行われた。ゲームは小さい頃、経験したようなシンプルでなつかしいものが多かった。
普段生活しているマクタン島は光があまりない為、正直あまり期待していなかったが、セブ島とは思えない程の光が輝いていた。
テストは午前中だけだったので午後からは場所をうつしてスポーツフェスティバルが行われました。 先生、生徒入り混じっての大会です。
6ヶ月前に行ったマルタよりも、フィリピンのほうが英語の勉強にはもってこいです。英語が話せるようになりたいのだったら、その中でも、特に1ON1の授業の多いPHILINTERをお勧めします。
フィリピンの方がよい点は、まず、1ON1 クラスがあることです。マルタはグループレッスンのみだったので、発言の機会が少なく、個人個人の細かい発音を直す機会がありませんでした。
一泊二日でバンタヤン島に行って来ました。バッチメイト20人のうち12人です。男9人女2人、宿泊、食事、交通費、アイランドホッピングを含め2000ペソ
マンツーマンレッスンはリクエストをすれば授業内容の変更は可能です。
日本では考えられないほど安いので、セブ島に来られる方でマンゴー好きな方は是非とも食べて帰られてください。 他にはマンゴスチンなども売られているのを見ました。
英語での説明ですが、日本語に訳されたプリントがあるのでそれをみれば詳しく書いてあるので理解できます。
セブ留学を決めた理由はマンツーマンレッスンが多いことと、費用が安いこと(滞在費・留学費用)海がきれいなことです
12345678910,,,11

フリーダイヤル

受付時間
月~金 10:00-18:30
土 10:00-16:30

0120-554-815

SNSで相談する

LINE/facebook/wechatなど

詳しく見る

個別面談の予約

受付時間 / 24時間

予約する
Back to top
  • メール相談
  • 資料請求
  • カウンセリング