フィリピン留学体験談

#337|東京都TAさん(20代男性) JIC BAGUIO 36週間

CEBU21 2013/03/01 8215
年齢の高い方にもご好評いただいていることもJICの特徴です。

留学体験談
学校名 JIC Baguio   滞在期間 36週間 4人部屋 男性  コース ESL
年齢 27 職業 学生スタッフ  名前 Tatz

・あなたの留学目的は何ですか?
語学の習得です。カナダへワーキングホリデーを行こうと思っていたのですが、韓国人の友達にフィリピン留学を教えてもらい、先にフィリピンへ留学した後にカナダへ行こうと決めました。カナダの学校に見積りを出してもらったのですが、フィリピンと比べると授業数が少ない割に費用が倍以上掛かるのと、ホームステイ先が学校から遠いこともあり、結局カナダの語学学校へ通うことはあきらめました。

・この学校に留学を決めた理由は何ですか?
大規模校より小規模校でアットホームな環境が自分に向いていると思い、JICに決めました。元々アパートだったのを寮に改築したようで建物は小さいですが寮は広く快適です。テスト対策などではなく、海外で生活するための英語力をつけたかったので学校のESLのカリキュラムは私に合っていました。

・学校の雰囲気はどうでしたか?
小規模校なだけあり、かなりアットホームな雰囲気です。学校スタッフは全ての学生の顔と名前を把握していますし、もし何か問題が発生した時はすぐに対応してくれます。また、学校内にランドリーがあるので洗濯物も24時間以内に返ってきます。先生の平均勤続年数も長く、教えるのに慣れていると感じました。平日も外出可なので先生と一緒に出かけたりもできます。卒業後もFacebookやSkypeで先生とメッセージのやりとりをしている生徒が多いです。

・マンツーマンクラスはどうでしたか?
先生はとても真面目で欠席はや遅刻は全く無く、毎日独自のプリントやテストを準備してくれる先生もいました。先生は皆、廊下ですれ違う時も必ず話しかけてくるくらいフレンドリーです。色々な知識も豊富で驚きました。私の場合、スピーキングを鍛えたかったので先生ごとに発音や面接での受け答えの練習などのカリキュラムを組んでもらいました。

・グループクラスはどうでしたか?
JICのグループクラスは9種類あり、最大1:7です。しかし、ほとんどの場合、1:4くらいでした。たまに1:1になってしまうときもあり少し寂しかったです。そういうときはクラスメイトの多い授業に変更し、新しい友達を積極的に作りました。全てのグループクラスを体験しましたが、36週間では物足りないくらい充実しています。

・1日の授業量は どう感じましたか?
授業は1日400分または500分取ることができます。8:00から18:20までなのでちょっときついです。半分くらいの生徒は400分だけ受けていました。空きの1コマは自習したり、バドミントンをして遊んだりする学生が多かったです。

・寮は どうでしたか?
JICの4人部屋は一階部分がリビング&個室シャワー&個室トイレ、2階部分に机とベッドがあるので4人部屋でも不自由なく36週間暮らせました。シャワールームとトイレが独立しているので朝も混まなくてよかったです。部屋に冷蔵庫とウォーターサーバーがあるのが便利でした。電子コンロもあるので、簡単な料理を作ることが出来ます。

・食事は どうでしたか?
たまに辛いと感じることもありましたが、36週間飽きることもなかったです。ほとんどが韓国料理ですが、日本人の口にも合うようにアレンジされているようでした。

・バギオは どんな街ですか? 週末はどんなことをしましたか?
バギオは涼しく、安全な印象です。暑くないのでバギオの人々は比較的おっとりしていると思います。山の上の街なので坂が多く、そのためトライシクルは走っていません。ほとんどの移動はタクシーを利用します。クリスマスや年末はタクシーがつかまらず苦労しました。コンパクトな街ですがレストランやバーが多く、SMもあるので正直日本の田舎よりよっぽど便利です。12月~3月はベストシーズンで色々な所へ旅行もしました。8月の雨季の時期は毎日雨が降り、寒かったです。

・留学を振り返っての感想
日本にいた時、毎週土曜日に英会話の学校へ通っていたので少しはできる自信があったのですが、JICへ来て韓国の学生のレベルの高さに驚かされました。JICは他の学校と比べてグループクラスのコマ数が多いのですが、その分韓国や台湾の友達がたくさんできて色々な面で助けられました。フィリピン人の講師と話すことが、もちろん英語上達の重要な要素ですが、同じくらいのレベルの学生と話すことも私のスピーキング能力を上げる重要な要素だったと思います。JICの学生たちはとても仲が良く、大学生や30代の方はもちろん、40代~60代の方々も一緒にご飯を食べたり出かけたりします。年代や国籍の壁を越えて一緒に生活したり勉強できることが留学の醍醐味だと感じました。たまに自分の年齢を忘れて無理し過ぎる人もいましたが…(笑)

・どんな人に向いている学校だと思いますか?
JICはバッチメイト(同じ日に入学した学生)同士で一緒に行動したり、旅行に行ったりする風潮があります。もちろん全ての学生がそれに倣うことはないのですが、ほとんどの学生が3ヵ月~4ヵ月という期間JICへ滞在するのでバッチメイト同士の絆は自然と深くなります。年齢が高い方でもバッチメイトは受け入れてくれますので壁を作らずフレンドリーに接してあげて下さい。積極的に友達を作ろうとしている日本人の学生は、たとえ英語初心者でも人気者になりやすいです。部屋にこもって勉強したいという方よりは、とにかく外に出て英語で話してみたいという方に向いている学校だと思います。JICに滞在した後、ほとんどの韓国の学生はオーストラリアやカナダへワーキングホリデーに行きます。向こうでもまた一緒…ということもあり得るのでワーキングホリデー前にJICへ来ることもおすすめです!年齢の高い方にもご好評いただいていることもJICの特徴です。



フィリピン留学先駆者としての誇り!@ www.cebu21.jp






体験談投稿数480件以上!フィリピン留学を知るなら、先輩たちの体験談をチェックするのが一番。学校の辛口評価からタメになるアドバイスまで完全網羅!自分の気になる学校やエリアに絞って検索も可能です。

体験談投稿数480件以上!フィリピン留学を知るなら、先輩たちの体験談をチェックするのが一番。学校の辛口評価からタメになるアドバイスまで完全網羅!自分の気になる学校やエリアに絞って検索も可能です。

学校別検索:  
地域別検索:
TOEICを受けた時に数字としてでたので、目に見える形で役に立ちました。またこれは見えにくいものですが、苦手を克服できたという自信にもつながりました。また飲み会ですべらない話ができるようになりました。
とても楽しかったです。英語を通して外国人とコミュニケーションをとる楽しさを肌で感じることができ、モチベーションは全く下がりませんでした。
今回留学したことで、今後どのように勉強を進めて行くべきなのかの指針がおぼろげに見えてきたように思っている。
外国人に対して英語で話しかける抵抗が緩和された。英語で話す抵抗自体薄くなり、語彙や言い回しも増えた気がします。
土台を基に今も英語の勉強は続けており、JICで学んだことはすごく役立っています。
スパルタとまではいかないけど、英語をしっかり勉強したいという人にはぴったりだと思います。
アクティブな人ほど向いていると思います。バスケリングや バドミントンコートがあるので、毎日のように勉強、運動ができます。
2カ月間毎日楽しくてあっという間だった。いろんな国籍・年齢の人と衣食住を共にして今までしたことがないような体験ができ、ステキな時間を過ごすことができた。
JICは先生の質がとても高く、英語力の向上に役立ちます。
JICを選んだことに満足しております。観光も兼ねて語学学校を選ぶ方には不向きかもしれませんが、勉強メインで選ばれる方には、気候、環境全般的に最適であると思います。
避暑地としては最高!!英語の伸びは、続けたら自然と身につくと思う。マニラと比べたら遊ぶところは少ないけど、SMで充分楽しめる。
年齢の高い方にもご好評いただいていることもJICの特徴です。
フィリピンを知り、また楽しむことができるのは本当に貴重な経験です。何よりも、たくさんの友人にめぐり合えたことにとても感謝してます。
今まで努力、継続というものから無縁の生活をしてきたので、それらの素晴らしさに気付かされました。あと、英語を勉強してすぐ実践できる環境なので上達が実感でき、モチベーションがあがります。
行く前は不安しかなかったんですが、一旦行ってしまったら、もう日本に帰りたくないと思うほど毎日充実していました。
物価も安く、涼しく、娯楽も少ないバギオでは勉強に集中できること間違いなしですよ!
これから始まるみなさんの貴重な時間を精一杯感じてきてください
自分が受けたい授業の定員がいっぱいでないかぎり、次の日から自分の選んだ授業に参加することができます
1

フリーダイヤル

受付時間
月~金 10:00-18:30
土 10:00-16:30

0120-554-815

SNSで相談する

LINE/facebook/wechatなど

詳しく見る

個別面談の予約

受付時間 / 24時間

予約する
Back to top
  • メール相談
  • 資料請求
  • カウンセリング