フィリピン留学体験談

#297|東京都MYさん (20代女性) PINES 16週間

CEBU21 2011/05/17 13300
ミッドテストとファイナルテストという月2回の定期テストがあります。ここで点数を取らないと中級から上級クラスには行かれません。中間テストではスピーキングが中心です。

 

 

さて、2か月目ではリフレッシャーという初級クラス、ブリッジングという中級クラスに分かれます。そして各クラスでも7つに分かれます。自分はこちらでB1-4という中級クラスの真ん中に入りました。1か月目に難しいなぁと思ったテキストが簡単に思えてしまうほど、中級クラスは難易度が上がります。こちらでは8個オプションがあり、リスニングだけではなく、ギター演奏を英語で学ぼうなんていうものもあります。自分の好みのものもきっとあると思います。自分は7時からリスニング、夕方6時からムービーリスニングのオプションを取りました。ちなみにこれらのオプションを選択するためにはデポジットを支払う必要があり、病気などの理由がない限り休むとデポジットから引かれます。ちなみに自分は全部出席しましたのでデポジットも全部却ってきました♪あ、忘れておりました。ブリッジングでは毎週2回単語テストがあります。自分は30点満点のテストが6回あって176点。1回目で26点以外は全部満点でしたが、ボキャキングは取れませんでした。でも、1か月後のブリッジングでのボキャクイーンは日本人学生でした。日本人、やるなぁ!!


ちなみにこちらでは、ミッドテストとファイナルテストという月2回の定期テストがあります。ここで点数を取らないと中級から上級クラスには行かれません。中間テストではスピーキングが中心です。スクリプトを渡されてそれを読み上げるのと4枚写真を渡されて状況を自分で作るのと与えられた質問について答えるというもの。これを各2分以内で行い、全てパソコンで録音されます。これをパインズ教師総出で分析します。この後インタビューも行われ質疑応答があります。こちらは5分程度ですが、やっぱり話すのは機械相手ではなく人間相手が良いですね(笑)ちなみにファイナルテストになりますと、先ほどのパソコンでの録音に加えて、ライティングテストとリーディングテスト・リスニングテストと10分程度のインタビューもあり、最終テストは本当に疲れますよ~!


ファイナルテストの日、夕方6時には上級クラス合格者が発表されます。毎回10名から15名の合格者が出るのですが、基準点に達していないと合格できません。上級者クラス、エキスパンディングは30名前後の学生数です。全体で350名位の学生がいますが、この学生数は難しさを語っていると思います。幸い自分は3か月目で合格できました。3か月目と4か月目でエキスパンディングで勉強できると思うと興奮ものです♪


さて、他のコースでは基礎を学び、万遍なく学びますが、エキスパンディングではモジュールと呼ばれるクラス編成になります。プレゼンテーションとビジネスにこだわったビジネスイングリッシュコース・リスニングとプレゼンテーションにこだわったCNNTOEICのスコアゲットにこだわったTOEIC・映画を楽しむことにこだわったムービー、他にTOEFL,IELTSモジュールもあります。試験関係のモジュールでは、最終試験が終わって合格者発表があった当日に、再びテストがあります。基準点に達しないとそのモジュールは選択できません。自分はTOEICを選択したのですが、午前中ファイナルテストを受けて、夜8時から2時間のTOEIC模擬試験・・・。疲れました、本当に疲れました。でもその結果、705点。このまま2か月TOEICモジュールで勉強して820点までもっていけました。ちなみにバギオでTOEICの試験は受けられます。日本円で4000円弱。1週間後には結果が貰えますので、フィリピン留学中にTOEIC試験を受けることをお勧めいたします!


ちなみにエキスパンディングでは、通常3時間のマンツーマン、4時間のグループ授業です。でも、各コース、多くても7名、自分のコースでは3名です。ちなみにエキスパンディングではイングリッシュスピーキングゾーンと言いまして、英語以外の言葉をしゃべっていて見つかったら、キャッチボードにチェックされペナルティフィーを払わなければなりません。1回20ペソ(約40円)です。日本人は少ないので、韓国人学生ばかりが捕まっておりましたが(笑)先生たちも他のコースに比べてレベルの高い先生達が揃っています。その分かなり厳しくチェックされます。特に発音チェックはとにかく厳しい!自分なんてWORLDという発音だけで1コマ終わったくらいですから。他の学生に聞いてみたらみんな同様ということ、自分だけではなくてホッとしました(笑)エキスパンディングでは学生数が少ないということもありますが、他のコースと比べても学生と先生・学生同士も仲が良いです。先ほど、通常3時間のマンツーマン、4時間のグループ授業と申しましたが、自分の2か月目はTOEICという1つのモジュールで2か月目は1人だけだったので、なんと7時間オールマンツーマン。滅茶苦茶疲れます。毎日しゃべりっぱなし。でも、欧米でこんな贅沢なことは不可能です。お陰様で最終月には思いっきりスピーキングになれることが出来ました。


毎回卒業生を送り出すフェアウェルパーティーが開かれます。今回の幹事はエキスパンディングコース。先生と生徒で一生懸命出し物を考え、練習し、会の進行を行い、本当に楽しめるものでした。今回、2名の日本人学生がスピーチを行いました。最後に全卒業生の写真と名前が流れて行き、自分の番には少々涙ぐんでしまいました・・。出来る事ならもっと勉強したかったです。ただ、一番最後に院長先生から皆に言われました。語学の勉強は大きな丸い石を押していくようなものだと。止まっている時は重くて中々動かないけど一度動き始めると後は楽だ。ただし、一度止まってしまうと、また動かし始める時は大変です。だから一日に1時間は必ず勉強を続けてください、と。重くて大事な言葉を頂きました。本当にその通りだと思います。自分も今回の留学は終わりではなくスタートだと思っています。勉強するきっかけを頂きました。今は、やっと卵から生まれたばかりです。今から数年をかけて大きくなりたいと思います!

フィリピン留学先駆者としての誇り!@ www.cebu21.jp






体験談投稿数480件以上!フィリピン留学を知るなら、先輩たちの体験談をチェックするのが一番。学校の辛口評価からタメになるアドバイスまで完全網羅!自分の気になる学校やエリアに絞って検索も可能です。

体験談投稿数480件以上!フィリピン留学を知るなら、先輩たちの体験談をチェックするのが一番。学校の辛口評価からタメになるアドバイスまで完全網羅!自分の気になる学校やエリアに絞って検索も可能です。

学校別検索:  
地域別検索:
バギオの快適な気候、教師と生徒の質の高さ、カリキュラム等、大変満足しました。
英語の上達だけでなく一生の友達もできました。フィリピンの二ヶ月留学は忘れることのできない人生の財産となりました。
留学後はバックパッカーに!旅先で色々な国の人と交流したいです
マンツーマン授業でたくさんアウトプットできたことがとても良かったです。
良き友、良き本、眠りかけた良心、これがあれば自分自身を高められる!
自分で決めたことをハートでやりきる!それが人々を感動させるのだ!
今、私には夢はあります。 いつの日か、北京にいる留学生と英語を使って交流すること、そして近い将来 世界中を旅することです。 これが私の夢です。 この信念を抱いて、北京の大学に戻ります。
ミッドテストとファイナルテストという月2回の定期テストがあります。ここで点数を取らないと中級から上級クラスには行かれません。中間テストではスピーキングが中心です。
先生は全部明るく真面目でフレンドリー。毎回の授業が本当に楽しかったです。1コマ50分ですが、あっという間に過ぎてしまいます。
先生はホスピタリティーあふれるフィリピン人。同じアジア人として辛抱強くこちらの話を聞いてくれます。 学校にもよるかもしれませんが、休日も先生と過ごすことが大抵可能。(英語漬け)
1

フリーダイヤル

受付時間
月~金 10:00-18:30
土 10:00-16:30

0120-554-815

SNSで相談する

LINE/facebook/wechatなど

詳しく見る

個別面談の予約

受付時間 / 24時間

予約する
Back to top
  • メール相談
  • 資料請求
  • カウンセリング