最新版!留学生活情報

【SIM解説】フィリピンではスマホ代が週150円!?フィリピン留学のスマホ事情

CEBU21編集部 2023-08-09 18,413
いま使っている携帯電話、フィリピンでは使える?

フィリピンでの留学中、スマホ(携帯電話)を使いたかったら「SIMフリー携帯」が断然コスパ良し!
現地でのSIM設定の流れからギガのチャージ方法まで最新のインターネット事情をまとめました。


1.プリペイドSIMって何?

プリペイドSIMとは、事前に使いたいギガ(通信量)の使用料を支払い、その分だけ通信ができる事を言います。日本では「月額いくら」と決めて契約してスマホを使用しますが、このプリペイドSIMであれば自分の使いたいギガ(通信量)だけ購入しスマホを使うことができます。フィリピンの留学先の学校ではWi-Fiが弱いことが多いので、お出かけの際なども含めWi-Fiがない場所でもインターネットが使用できるので非常に便利です!


2.SIMフリー端末使用のメリットとデメリット

メリット
・通話・インターネットの料金が圧倒的にお得!
・SIMを挿入したらすぐに使うことができ、面倒な手続きや解約手続きがない
・専用のアプリを使用してオンラインでチャージができる

デメリット
・日本で使っている電話番号とキャリアメール(例:docomo/ezweb/softbankなど)が使えない
・お使いの端末がSIMフリーではない場合、SIMフリー設定をする必要がある


3.使用するギガ(通信量)をチャージしたい

フィリピン到着後、お使いのSIMフリー端末を使えるようにするには、まず通信会社を選びます。フィリピンにはGlobeかSmartの2つございますのでお好きな方のブース(売店)へ行き、そこで、SIMカードとロードカード(プリペイドの通話料金)を購入します。 Globe https://www.globe.com.ph/ Smart https://smart.com.ph/corporate

SIM設定の流れ

① SIMカードを購入
端末の電話番号等のデータとなるSIMカード自体の価格は100~200円です。空港や、コンビニ、ショッピングモール内にある携帯ショップなどで購入が可能です。学校によっては学内の売店でも購入できる場合があります。(後述のロードカードも同時購入可)


② ロードカードを購入
プリペイド方式で携帯電話を使用するため、月額料金は発生しません。自分が使用する料金分のロードカードを購入します。(1ヶ月500ペソ分ほどあれば余裕をもって使用できます)
料金をチャージするには、ロード専用のプリペイドカードを購入し自分でチャージするか、売店のスタッフに直接頼んで設定してもらうことも可能です。
プリペイドカードは携帯ショップやコンビニ、ショッピングモールのプリペイドカードショップで購入できます。


③ プリペイドカードで端末に料金をチャージする

・カード裏面の銀色の部分をコインで削る
・Card NoとPIN Noを確認(図の中の赤線箇所)
・テキスト(SMS)送信、または音声ガイダンスに従って確認した数字を入力
・完了のテキストまたは音声案内があれば設定完了
※ロードカード裏面にチャージ方法が記載されています。

フィリピンで端末を購入してもOK

SIMフリー端末はフィリピンでも購入することができます。
・通話とテキスト機能と、必要最低限の機能を持った機種は約2,000円~
・ネット利用可能なスマホは機能に応じ約8,000円~

用途に合わせてそれぞれ購入可能です。
iphoneやGalaxy等人気の高級機種は日本で購入するものとさほど大きく価格は変わらない為、製品保証等を考えると事前に購入しておいた方が良いでしょう。

中~長期留学される方は、安価な通話とSMS専用の物を購入される方が多いです。


■ チャージの仕方

短期滞在であれば空港到着後にプリペイドSIMカードと必要なギガ数を購入すればそれで完了ですが、30日以上の長期滞在の場合は定額通信が終わると、SMS(ショートメッセージ)が届くので、追加のギガ(通信量)を購入する必要があります。

■チャージの仕方1
お使いのSIM(globeかsmart)の売店へ行き、必要なギガ数分のロードカードを購入。お使いのスマホから番号を打ち込んで電話をかけ、PIN番号を入力します。
※ちょっと難しそう…という方は、売店のスタッフにお願いすると、この設定までしてくれます。

■チャージの仕方2
GlobeかSmartのサイトで電話番号とクレジットカードを登録しておくと、SMS(ショートメッセージ)に届くURLをタップし、そこから音声案内に沿って使いたい容量を選択、購入が可能。売店までロードカードを買いに行く手間が省けます。

■チャージの仕方3(smartのみ)
アプリで使いたい分を購入←New!
専用のアプリ「gigalife」というアプリにクレジットカードやG Cash(最近聞くようになった現地の電子マネー)を登録しておくと、現在のギガ残量を確認も可能で、ギガの容量がなくなった際にアプリから使用したい分の通信量を購入することが可能です。

GigaLife for iPhone
https://apps.apple.com/jp/app/gigalife-app/id1492443773?uo=4

GigaLife for Android
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.smart.consumer.app


▼このアプリでできること
最新のGIGAプロモーションが見られる
残りのロードやポイントの表示
SIMのデータやテキストの残り使用量表示
現在使っているGIGAプロモの表示
電話番号の閲覧
ロードの購入
GIGAプロモの購入
複数電話番号の統合
Gigapoints管理
Gigapay(電子マネー)の管理
パサロード(ロードをプレゼントする機能)

アプリを立ち上げると自動で電話番号を認識してくれるので、パスワードなどを設定してアカウントを作成します。

クレジット情報や英語表記の住所を入力し、認証完了後にご自身の使いたいプランを選択して購入できるようになります。



まとめ

いかがでしたか?
フィリピン留学ではほぼほぼ寮生活となり、学内に無料WiFiが通っていることも多いですが、生徒さんが一斉に使うお昼や夜の時間帯は低速になることもしばしば…。他にも天気が悪い日もつながりにくい…という問題が日常茶飯事です。
1週間ぐらいの短期留学であればwifiで乗り切るのもいいかもしれませんが、それ以上の期間滞在される場合はSIMカードを入れ替えて使用することをおすすめします!




最新版!留学生活情報

   全体一覧   生活   お金   ネット   ビザ   交通   食事   その他   
書き込み検索

留学相談LINE

受付時間 / 24時間

LINE相談

メール相談

受付時間 / 24時間

お問い合わせ

SNSで相談する

LINE/Instagramなど

詳しく見る

個別面談の予約

受付時間 / 24時間

予約する
カウンセリング Back to top