カウンセラーの留学コラム

「決まったレールを歩くのをやめたくて。」ワーホリ女子のホンネ

CEBU21 漆間 2018/12/25 757
うるまのワーホリ 天国ときどき地獄!  #1|一生に一度、だから悩む!

皆さんはじめまして。CEBU21カウンセラーの漆間(うるま)です。いきなりですがワーキングホリデー(以下ワーホリ)という制度をご存知でしょうか?海外生活に興味のある方、二か国留学を考えている方の中にはワーホリを考えていらっしゃる方も多くいるかと思います。

私はバリバリ仕事をしていた24歳の時、オーストラリアで1年間海外生活を実現させました。

私はバリバリ仕事をしていた24歳の時、オーストラリアで1年間海外生活を実現させました。そんな私が経験したワーホリの良かった所や、大失敗談をこの『うるまのワーホリ天国ときどき地獄!』の連載でお話ししたいと思います!準備・語学力・費用・私生活・帰国後の不安など、これからワーホリを考えている方の参考になれば嬉しいです。

第一回目の今回は、なぜ私が24歳の時にワーキングホリデーに挑戦しようと思ったか。その時の悩みや、具体的にどうやって行動したかをお話ししたいと思います。


うるまのワーホリ“天国ときどき地獄!” 【一生に一度、だから悩む!】

ワーキングホリデーとは?かんたんに説明すると


そもそもワーホリとは何なのか?ご存知でない方へ簡単に内容を説明します。

ワーキングホリデーというのは、海外でホリデー(=休暇)を目的とした長期滞在が可能なビザのことです。ただし休暇ばかり楽しんでいては、物価の高い国だと生活費や観光費で資金がすぐに底を尽きてしまいます。そこでその国に滞在するにあたり、働いて資金を稼いでも良いという条件が付いているのが、ワーキングホリデーです。

年齢制限やトライできる回数も決められているので、”一生に一度”の機会と言っても良いでしょう。

年齢制限やトライできる回数も決められているので、”一生に一度”の機会と言っても良いでしょう。
ビザの要項は国によって異なりますが人気ツートップのオーストラリアとカナダはこのようになっています。

オーストラリア
年齢:18~30歳(申請時) 
期間:最長12か月
就労:1雇用主のもとで最長6か月
備考:セカンドワーキングホリデー制度あり

カナダ
年齢:18~30歳(申請時)
期間:最長12か月
就労:1雇用主のもとで最長12か月
備考:定員数6500名

ここで疑問となってくるのが、

「誰でも行けるの?」
「英語が出来なくても生活はできるの?働くことは出来るの?」
「海外ならどこでも行けるの?」
「長期っていつまでいていいの?」

といったところではないでしょうか。私も最初はそうでした。ワーホリに興味を持ってからは疑問、不安のオンパレード。相当色々悩みました。


うるまのワーホリ“天国ときどき地獄!” 【一生に一度、だから悩む!】

私がワーホリをしようと思ったきっかけ


ここで少し私自身のことについてお話ししたいと思います。

私がワーホリをしたい!と考え始めたのは24歳のとき。当時は大手メーカーの専門職として、地元の九州支社で4年目の正社員として働いていました。環境にも慣れ、待遇や人間関係の不満はゼロ。実家暮らしで友人も周りにはたくさんいる…その環境は私にとって決して悪いものではなく、むしろとても恵まれていた方だと思います。

私はバリバリ仕事をしていた24歳の時、オーストラリアで1年間海外生活を実現させました。

休日は友だちとお酒を飲むのが大好きな、どこにでもいる地方在住の子でした。

しかし24歳の夏の終わりを迎える頃には、私の中で何か満たされない”もやもやっ”とした感情がありました。

それまでの私は、通ってきた学校も就職先がある程度保証されていて、そのまま大手企業に入社するなど、文字通り順風満帆の安泰コースを辿っていました。なので私は人生の中で”挫折”を経験したことがありません。それは”挑戦をせずに挫折することを避けて”生きてきたからかもしれません。そしてそんな自分に対して嫌気を感じはじめてきたのがこの頃です。

そんな私がワーホリを知ったきっかけは、『ウーマン・オン・ザ・プラネット』というテレビ番組です。海外移住を決意して奮闘する一般女性を応援するという内容で、私が視聴していた回ではカナダに行ってワーホリに挑戦する、ごくごく普通の一般OLの女性が取り上げられていました。

当時の私と同じような環境や感情の中にいて、それを打破すべく海外移住を決意!という彼女を見て、いつの間にか自分自身を重ねながら夢中で番組を見ていました。万事順調にはいかず、挫折しつつも、何かから解き放たれたようにキラキラ生活をしている彼女の姿をみて私は

(いいなぁ…私も…)

視野を拡げたい…!

視野を拡げたい…!

知らない世界を知りたい…!

今しか経験できないことをしたい!!

挫折をしてみたい!!!

と、どんどん今まで感じたことのない感情があふれ出るようになってきました。そこで私ははじめて、ワーホリに挑戦してみたい!という自分自身に気づくことができたのです。


うるまのワーホリ“天国ときどき地獄!” 【一生に一度、だから悩む!】

挑戦してみたい→どうしたらいい? 焦りだす私。


やる!と決めたらすぐ動きました。ただ、慎重にいろいろ情報を集めようと、まずはワーホリについてネットで情報収集を開始。

ワーホリの出来る国や期間が限られていること、年齢制限や申請方法が国によって違うことなどがわかってきました。ただ実際にはどのような手続きが必要なのか、英語力はどの程度必要なのか、自分に合っている国はどこなのか、といった本当に知りたいことはネットの情報だけでは足りない、というより何を信用していいのかがわかりません。

それなのに、ワーホリをしたい!という気持ちだけは日に日に強くなっていきます。

視野を拡げたい…!

呑気そうに見えますが、内心めちゃくちゃ焦ってます笑

でも退職して行くとなると、会社に迷惑がかからないのは3月末のタイミングで、それだと退職願を出すのはそのさらに3か月前だから…と漠然に考えていたその時にはもう北風吹き始める秋。

まだ誰にも相談もできず、特に両親には言い出すこともできませんでした。これまでの人生を考えると、このタイミングでこの決断は両親を悲しませてしまう気がしたから…。あと、本当に今の環境を変えてまでワーホリをするべきなのか、一抹の不安もありました。

ワーホリ後の自分はどうなってしまうのか、再就職が出来るのだろうか、後悔はしないだろうか。まずは正確な知識をつけることでまずは自分自身が安心して決断をすること、そして周りに納得をしてもらう必要があると考えました。


うるまのワーホリ“天国ときどき地獄!” 【一生に一度、だから悩む!】

もっと早く相談しておけば…


そこから色々と調べていく中、「留学のプロに話を聞きにいって生の情報収集をしてみよう!」と考えました。そこで、とある留学会社の女性カウンセラーの方と電話で何度か相談に乗ってもらい、ワーホリとは何か、メリットとデメリット、国選びのコツなどを詳しく聞くことができたのです。

※ちなみに一括資料請求サイトで資料請求をしたこともあったのですが、営業電話が怖くなるくらいしつこかったので全くおすすめしません!!

留学会社も色々ありますが、実際に相談してみてよかったと、今になって思います。ネットだけの情報だったら絶対疑心暗鬼のままでした笑 もっと早く相談しておけばよかったとも思いましたが…

そして私はオーストラリアを渡航国の候補としました。

オーストラリアといえば、エアーズロック(ウルル)が有名!くらいしか知らなかった私…

オーストラリアといえば、エアーズロック(ウルル)が有名!くらいしか知らなかった私…

その理由は

「季節が日本と真逆となる南半球に住んでみたい(真夏のクリスマスなんて楽しそう!)」

「海が近くにあったら嬉しい」

「治安が良い」

「海外初心者でも生活しやすい」

とすごく単純なものでした笑

でもこうして私のワーホリ先はオーストラリアで、そして4月に渡航することで決定しました。

でもこうして私のワーホリ先はオーストラリアで、そして4月に渡航することで決定しました。仕事先や親への説明、そしてどの町でどうやって生活するかなど考えることがまだ山積みです。それでもやっと第一歩を踏み出すことができて、ワクワクしていたのを今でも覚えています。


うるまのワーホリ“天国ときどき地獄!” 【一生に一度、だから悩む!】

次回予告


いよいよ出発に向けて本格始動!

だけどまだまだしなければいけないことが盛り沢山です。実際に出発までに必要なこと、して良かったこと、すれば良かったと後悔していること、用意した資金についてなど全て包み隠さずお話しします。無事に予定通り出発なるか…?乞うご期待!


CEBU21公式のfacebook、twitterページにてCEBU21最新記事の更新情報が確認できますので、是非フォローください!

Written by CEBU21留学カウンセラー
漆間 景子
オーストラリアでのワーキングホリデー経験、大手留学エージェント勤務、フィリピン・マニラで語学学校勤務など好奇心の塊のような人生でしたが(笑)、その経験が今に活きていると実感があります。自身の経験から、良いと感じた物は多くの方に伝えていきたいです。







   
留学会社CEBU21で人事担当として勤務している..
留学会社CEBU21で人事担当として勤務している羽野(ハノ)です。 皆さんは留学経験や英語を活かした仕事をしたいと考えたとき、「留学の経験を活かして~」や「..
05-07-2019 (Fri)
CEBU21 羽野
123
..
CEBU21の新入社員「AD佐藤」が初めてのフィリピン・セブ留学にチャレンジ!連載第二回目..
21-01-2019 (Mon)
CEBU21 佐藤
808
..
皆さんはじめまして。CEBU21カウンセラーの漆間(うるま)です。いきなりですがワーキングホリデ..
25-12-2018 (Tue)
CEBU21 漆間
757
久..
久保光博 久保’s EYEフィリピン留学の黎明期より活躍する、業界関係者なら知らぬものはいないCEBU21の久保光博(..
20-12-2018 (Thu)
CEBU21 久保
734
..
留学会社CEBU21で人事担当として勤務している羽野(ハノ)です。 ..
14-09-2018 (Fri)
CEBU21 羽野
1317
..
CEBU21の新入社員「AD佐藤」が初めてのフィリピン・セブ留学にチャレンジ..
03-09-2018 (Mon)
CEBU21 佐藤
1638
..
こんにちは。CEBU21の留学カウンセラー日名子です。突然ですが、フィリピ..
15-08-2018 (Wed)
CEBU21 日名子
1428
久..
久保光博 久保’s EYEフィリピン留学の黎明期より活躍する、業界関係者なら知らぬものはいないCEBU21の久保光博(..
20-07-2018 (Fri)
CEBU21 久保
1525
留学カウンセ..
留学カウンセラーの中居です。連日多くの留学相談をCEBU21へお寄せいただき誠にありがとうございます。そこで毎度のように「空きが..
11-05-2018 (Fri)
CEBU21 中居
1277
皆さん お元気でしょうか? 6..
皆さん お元気でしょうか? 6月も中旬になり、だいぶ暖かくなってきましたね。 先日、Yさんがオフィスに来てくれました。 関西出身のYさ..
15-06-2017 (Thu)
留学カウンセラー 日名子陽介
1833
○年ぶり!?CEBU21オフィスリニューアル大作戦オフィス移..
○年ぶり!?CEBU21オフィスリニューアル大作戦オフィス移転と模様替え 当社が2005年5月にフィリピン留学エージェントとして創業してから丸12年。 その間渋谷→池袋への..
06-06-2017 (Tue)
留学カウンセラー 羽野
1564
皆さん、GWは楽しましたか? 連..
皆さん、GWは楽しましたか? 連休明けの本日、今年3月に大学を卒業したAさんがオフィスに来てくれました。 Aさんは大学時代 1年間 休学をして..
10-05-2017 (Wed)
CEBU21 編集部
1615
皆さん こんにちは! 先日は、S..
皆さん こんにちは! 先日は、Sさんがオフィスに来てくれました。 Sさんは、大学を卒業後に、長年福祉施設で勤務されていましたが 今年退職をし..
10-04-2017 (Mon)
留学カウンセラー 日名子陽介
1538
皆さん こんにちは! だいぶ春..
皆さん こんにちは! だいぶ春らしい季節になってきましたね。 本日は、T大学3年生のHくんがオフィスに来てくれました。 昨年、カンボジアとフ..
23-03-2017 (Thu)
留学カウンセラー 日名子陽介
1579
日本では、多国籍の料理を扱うレストランが数多くあり、日本国内..
日本では、多国籍の料理を扱うレストランが数多くあり、日本国内にいながら世界各国の味を気軽に楽しむことが出来ます。しかし、フィリピン料理のレストラン、というとあまり日本..
27-06-2016 (Mon)
CEBU21 CEO 趙文授
2541
こんにちは、フィリピン留学CEBU21カウンセラーの中居です。 日本人..
こんにちは、フィリピン留学CEBU21カウンセラーの中居です。 日本人の方が英語を勉強するにあたってぶつかる大きな壁といえば『発音』ではないでしょうか。 RやL、THの発音など、普段..
01-03-2016 (Tue)
留学カウンセラー 中居良輔
3972
皆様新年明けましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしく..
皆様新年明けましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 さて、昨年末のことですが中国のとある地方都市大学にフィリピン留学のプレゼンテーションを..
07-01-2016 (Thu)
留学カウンセラー 中居良輔
3242
今日はフィリピン英語留学とは直接関係ないですが、フィリピン文化を..
今日はフィリピン英語留学とは直接関係ないですが、フィリピン文化を理解する上で必要な概念について話したいと思います。 私は2005年から1年間バギオ滞在を含め、今まで複数の都市で合..
21-12-2015 (Mon)
CEBU21 CEO 趙文授
4374
まだまだこれから… 60歳からのフィリピン留学 留学コンサルタン..
まだまだこれから… 60歳からのフィリピン留学 留学コンサルタントとして、若い高校生・大学生から社会人の方々の留学相談を日々受けていますが 特にフィリピン留学を専門に扱って..
30-10-2015 (Fri)
留学カウンセラー 日名子陽介
5586
フィリピン留学って、本当に英語力が伸びて、お得なのか? 留学コ..
フィリピン留学って、本当に英語力が伸びて、お得なのか? 留学コンサルタントとして、カウンセリング、説明会、電話はもちろん最近ではスカイプ、LINE、オンラインチャット相談など..
15-09-2015 (Tue)
留学カウンセラー 日名子陽介
4969
12

フリーダイヤル

受付時間
月~金 10:00-18:30
土 10:00-16:30

0120-554-815

SNSで相談する

LINE/facebook/wechatなど

詳しく見る

個別面談の予約

受付時間 / 24時間

予約する
Back to top
  • メール相談
  • 資料請求
  • カウンセリング