正直に事実を公開します。フィリピン留学のデメリットとは

ㆍ更新日 : 2016年10月28日
フィリピン留学、4つのデメリットとは?

格安でマンツーマンの英語レッスンが受けられるだけでなく、語学学校の寮やホテルで安全かつ快適に過ごせるフィリピン留学。でも、思っていた留学生活と違った・・・ということを避けるためにデメリットも知っておきましょう。

1.フィリピン留学では「ネイティブが使うフレーズ」は学べない

学べるのは「THE・教科書英語」

フィリピン留学の授業は学校指定のテキストで授業を進めていきますので、よくも悪くも"教科書英語"を学ぶ形となります。英語の学習の仕方がわからない初級から中級レベルの方にとっては効率よく勉強ができます。また、生徒のレベルに合わせて授業を進行するので、英語アレルギーの方でも安心して取り組むことができます。

しかし「be動詞」や「現在進行形」といった中学校で習う基礎的な英文法を理解できていないと、学習効率はかなり悪くなります。また実践で使えるフレーズを学びたい中上級者は、それを学ぶ事は通常できません。実践フレーズを学びたい方は、中上級レベルにも臨機応変に対応できる講師が在籍している学校を慎重に見極める必要があります。

「講師の質」はバラバラ

学校によっては、講師の3割超が「臨時講師」の場合があります。人件費のかかる正社員講師ではなく、夏・春休みの学生が多い時期に合わせて短期アルバイト講師を大量に採用することで、学校の運営費を抑えるのがその理由です。特に中規模の学校や、運営暦が浅い学校には顕著です。

臨時講師は短期バイト感覚の若い先生が非常に多いです。しっかりとしたトレーニングマニュアルがない学校だと、臨時講師との授業は雑談形式で行われます。初心者の方なら英語に慣れる一つの方法として雑談形式も良いですが、レベルが上がってくると授業内容への不満が確実に出てきます。(テキストに沿って授業が進行できない講師や、なまりが激しい講師も中にはいます)

また、フィリピン人は自由気ままな気質の人が多いです。お気に入りだった講師が翌週突然いなくなっていた、というケースは良くあります。特に学校運営暦が浅い学校だと、講師への管理が行き届かず離職率が高くなります。結果、臨時講師の授業を受けることが増え、授業の質が講師によってバラバラになります。

このような講師の当たり外れの確率を減らしたいのであれば、運営暦が10年前後の大手資本校を選ぶのが、ベテラン講師も多く、一番確実です。

ネイティブの言い回しは覚えられない

フィリピン人は英語が公用語として使用されていますが、決してネイティブ環境ではありません。ネイティブの方がよく使うフレーズや言い回し、スラングなどはフィリピン留学では学ぶ事ができません。

例①) ”DOA” (DOA=Dead on Arrival:明らかにダメという意)といった略語フレーズ
例②) "Ain't"といった用法や、"for god's sake"といったネイティブ頻出フレーズ

このような、ネイティブ特有の言い回し・スラングを覚えたい方は、ネイティブ講師の居るフィリピンの学校か、欧米圏の留学を検討ください。

上級者でもフィリピン留学が向いている方とは?

"上級者"と言っても、何を学びたいかによって向き/不向きは違ってきます。

<フィリピン留学に向いている上級者>
・TOEICやTOEFL,IELTS試験で点数を上げたい方
・特定の分野(例:スピーキング)を伸ばしたい方
・英語のブランク期間が長く、勘を取り戻したい方
<フィリピン留学に向いていない上級者>
・ネイティブの言い回しやスラングを学びたい方
・英語レベルが総合的に上級で、会話の細かなバリエーションを増やしたい方
・専門分野に特化した英語を学びたい方

英語中上級者の方にはオーストラリアやカナダ留学のほか、格安で人気のマレーシア留学といった選択肢もあります。


2.フィリピン留学はアジア人だらけの「英語合宿所」

インターナショナルな雰囲気ではない

フィリピン留学にいる生徒は大半が韓国、日本、そして台湾からの留学生です。様々な国から留学生が来るアメリカと比較すると、インターナショナルな雰囲気は感じられません。ロシア、中東、タイ、ベトナム等の国々から留学生を少数ですが、受け入れている学校も一部あります。しかし結局ほとんどの生徒は「アジア人だらけ」であることに変わりはありません。

ポジティブに捉えるのであれば、アジア人同士、似た英語レベルの方が多いので留学中友達は作りやすいです。また、肌の色などによる人種差別等を気にすることも少なくなるので、ストレスを抱えることも少なくなります。こういった部分をメリットと捉えるか、デメリットと捉えるかは人それぞれです。

※留学先として人気のカナダ・バンクーバーではアジア系移民が多いため、街中の大半がアジア系の方です。カナダ=白人が多いイメージで留学するとそのギャップで驚かれる方も多いです。英語が苦手なアジア人が英語を学びに留学をするので、ある意味当然といえば当然の事かもしれません。

メジャーリーグ観戦はできません

グランドキャニオンや、ヨセミテ国立公園に代表される圧倒的なスケールの世界遺産はフィリピンにはありません。観光地として有名なスポットも、フィリピンは少ないです。放課後や週末にメジャーリーグ観戦やユニバーサルスタジオに遊びに行くこともできません。こういったアクティビティ面は欧米圏と比較した際のデメリットとなります。フィリピン留学は大半の方が「遊ばないで、勉強をする」目的で来るので、デメリットを感じる場面は少ないかもしれません。

よくも悪くも英語合宿所です

フィリピン留学は英語を話さざるを得ない状況を学校が用意してくれます。その上で外出制限や母国語禁止ルール、強制自習時間といった"スパルタ規則"で運営している学校が全体の半数ほどあります。

管理され、自由度がなくなるという面で「英語合宿所」と表現させていただくこともあります。厳しい規則に縛られたくない人にはこういった面がデメリットとなりますが、フィリピン留学にこられる方は"敢えて、厳しい環境にしたい"という要望をいただくことが多いので、ある意味メリットといえる部分でもあります。


3.フィリピンの治安は正直よくありません

東南アジアならではの軽犯罪が横行

フィリピンの治安は日本と比べると明らかに悪いです。スリ、ひったくり、置き引きに代表される軽犯罪は都市部を中心に横行しています。留学中は常に身の回りに注意を向ける必要があります。こういった軽犯罪はフィリピンのみならず、欧米諸国でも頻発している"日本以外でよくある犯罪"なので、諸外国と比べ、フィリピンの治安が特に悪いとするものではありません。 日本は世界平和度指数ランキング(英:Global Peace Index)で世界8位を記録するほどの平和国家です。フィリピン留学中は「外国に居る」という心構えを忘れずに、常に気をつけて行動することが必要です。

参照:フィリピン・セブ留学の治安は?地域別解説と防犯対策まとめ

ハメをはずすと、後悔するはめに

セブ島やアンヘレス地区にはナイトクラブが多く立ち並ぶ歓楽街があります。甘い誘惑にかられ、つい夜遊びに出歩いてしまう生徒もいます。クラブの帰り道強盗に遭う、美人局の被害に遭う、クラブで仲良くなった現地人の家に行って詐欺の被害に遭う等の事例は過去に数多くあります。
「あくまでも勉強をしに、フィリピンに来ている」という心構えを忘れないことが大事です。夜、外出やクラブに行かなければ、こういった被害は回避できます。

ポジティブに考えれば、発展途上国のエネルギーを感じられる?

フィリピンではタクシーが交差点で止まっているとき、小学校低学年ほどの少年が、タバコやパンなどを路上で売り歩く姿が多く見られます。 そのひとコマだけを切り取ると「治安が悪そうだ」という印象を抱きがちですが、視点を変えると、発展途上国の溢れるエネルギーを感じることもできます。
現地人の積極的なアピールやしつこさ、狡猾さも、決して日本では味わうことのできない一面です。フィリピン留学の際は様々な角度から、フィリピンという国を観ていただければと思います。もちろん、犯罪の被害に遭わないよう危機管理はしっかりしてください。


4.期待を超えない、フィリピン留学の食事とネット事情

食事は1日3食出ますが…

フィリピン留学では寮に滞在し、1日3食の食事が提供されます。ただ、食事のおいしさや、食材の新鮮さは日本と比べると格段にクオリティは落ちます。欧米圏と異なり、慣れ親しんだお米中心の食生活となるのは嬉しいですが、味に関してはあまり期待しないほうがいいでしょう。

韓国人が経営する学校はキムチに代表される辛い韓国食が多いです。しかし近年は日本人生徒も増加しているので、日本人向けのメニューや味付けなど、かなり改善されてきています。ただし、日本人比率が20%以下、もしくはセブ以外の地方の学校は未だに韓国食がメインの学校が多いので、辛いものが苦手な方は注意が必要です。

日本人が経営する学校は日本人向けのおいしい食事が提供されていると思われがちですが、実情はやや異なります。あくまでも辛い料理が少ないだけです。日本米や新鮮な食材、調味料は高価なため、日本クオリティの食事を想像するとイメージと異なる場合があります。カレーライスや、から揚げといった日本でもお馴染みのメニューを食べられるのは嬉しいですが、期待過剰とならないようお気をつけください。

参照:フィリピン語学学校の食事を『韓国系』と『日系』で徹底比較

インターネットも使えるには使えますが…

学校内では無料WiFiを利用して、お手持ちのスマートフォンやパソコンでインターネット接続ができます。学校によってはお部屋の中まで電波が届かない場合や、ネット接続できても回線が重くストレスがたまる場合が多々あります。

日本にいるご家族に安否を知らせるメールやLINE等の連絡には支障はありません。ただ、ネットヘビーユーザーの方にとってはポケットWiFiやSIMフリー携帯を利用しても回線速度に満足いただけない場合もあります。

常日頃からネット社会と共に生活する日本人にとっては、一度スマートフォンを置き、その分英語でコミュニケーションを取るいい機会、と割り切ることが大事なのかもしれません。

参照:気になる!ネット&通信環境Q&A


まとめ

フィリピン留学には上記のようなデメリットがあるのがお分かりいただけましたでしょうか?
留学に行ったあと「こんなはずではなかった…!」とならない為に、以下リンクより「こんな方には、フィリピン留学に向いている/向いていない」をご覧いただき、自分にどれだけフィリピン留学が向いているか確認しておく事をおすすめします。

参照:現状や目標次第!フィリピン留学向きか分かるチェックリスト

2016年10月28日更新内容:リンク先の修正を行いました。


この記事を読んだ方に人気の記事

効率よく英語力をアップ!フィリピン留学の4大メリット

最重要!フィリピン留学を成功させる学校選びのポイント

まずは目的を明確にしよう!フィリピン留学プランのヒント集



Written by CEBU21編集部
CEBU21編集部では、CEBU21スタッフ全員が監修のもと最新の留学情報をお届けします。気になる情報や聞いてみたいギモンなどあれば、お気軽にご質問ください!

▽CEBU21スタッフのご紹介はこちら



フリーダイヤル

受付時間 / 月~金10:00-18:30

0120-554-815

無料資料請求

受付時間 / 24時間

資料請求

個別面談の予約

受付時間 / 24時間

予約する
Back to top
  • メール相談
  • 資料請求
  • カウンセリング