フィリピン留学入国時マニュアル「入国カードの書き方」

ㆍ更新日 : 2016年10月31日

フィリピン留学で初めて海外に行く人も安心!入国カードの書き方を画像付きで簡単に解説していきます。


入国カードの記入は機内で。もらいそびれたら審査ブースにも。

各国では出入国者の審査簡便化を目的に、出入国カードを導入している国が少なくありません。出入国カードの記入内容は、基本はパスポート情報とサイン、さらには現地滞在先や搭乗便名、出発地等の情報です。また、出入国審査と税関申告とを併合して質問事項を用意する国があるほか、簡単なアンケート(年収など)を併記させる国もあります。

出入国カードが必要な国への渡航では、航空会社の乗務員が機内で無料配布するサービスを行っていますが、直行便などに限られます。また、旅行会社を介して渡航手配をした場合、あらかじめパスポート情報の一部が印字された出入国カードが用意されるケースもあります。いずれもサインなどは自分で書かなければなりません。出入国カードを搭乗前に持ち合わせず、しかも機内で就寝中のため受取りそびれた場合などは、そのまま飛行機を降りることになります。

どうしよう・・・!このまま入国できない!?・・・という事は無いのでご安心を。
イミグレーション(出入国審査カウンター)もしくはパスポートコントロール(入国審査ブース)の手前に、必ず記入台とカードホルダーがあるので安心です。記入台でゆっくり記入してから、入国審査を受けるようにしましょう。


フィリピンの入国カードの書き方は?

フィリピンの入国カードは下記のような形式で全部で11項目記入が必要になります。

記入時は黒、若しくは青インクのボールペンを使って下さい。(書式は予告なく変更になる場合があります)いざ書こうとしたらボールペンがない!とならないように、ボールペン1本は必ず手荷物に入れておきましょう。

①名字

②名前

③ミドルネーム(無い場合は未記入でOK)

④電話番号もしくはメールアドレス

⑤旅券番号(パスポートの番号)

⑥出発地

⑦居住地

⑧職業(詳しくは次の項目でご紹介)

⑨便名

⑩渡航目的 (※渡航目的はPLEASURE/VACATIONにチェックしてください)

⑪自筆で旅券(パスポートの最終ページ 所持人記入欄 に記入したもの)と同一の署名


番外編:入国カードの「職業」 英語で書くと?

「入国カードの職業欄、どうやって書いたらいいかわからないのですが・・・」という質問を多くお寄せいただきます。

自分の職業は英語で「○○○」だ、と普段から意識している人はほとんどいないので無理もありません。こちらに一例を掲載しておきましたので入国カードを書くときに参考にしてみてください。

会社員  OFFICE CLERKまたはOFFICE WORKER

会社役員  EXECUTIVE

会社社長  PRESIDENT

国家公務員  GOVERNMENT OFFICIAL

地方公務員  LOCAL GOVERNMENT OFFICIAL

農業従事者  FARMER

漁業従事者  FISHERMAN

個人経営者  PROPRIETOR

団体役員  EXECUTIVE OF ASSOCIATION

団体職員  STAFF MEMBER OF ASSOCIATION

医師  DOCTOR

看護師  NURSE

弁護士  LAWYER

技師  ENGINEER

教師  TEACHER

報道関係者  JOURNALIST

学生  STUDENT

主婦  HOUSEWIFE

料理人  CHEF

音楽家  MUSICIAN

カウンセラー  COUNSELOR

介護福祉士  CARE WORKER

エステティシャン  AESTHETHICIAN

無職  NONE






フリーダイヤル

受付時間
月~金 10:00-18:30
土 10:00-16:30

0120-554-815

SNSで相談する

LINE/facebook/wechatなど

詳しく見る

個別面談の予約

受付時間 / 24時間

予約する
Back to top
  • メール相談
  • 資料請求
  • カウンセリング